「Search Console」一度に連続インデックスするとチョットした試練がある

ブロガーさん向けの記事です。

ブログの更新をしたら「Search Console」をつかってアップした記事のURLのインデックスリクエストをる人もいることでしょう。

早くボットが来て記事をクロールされるからです。わたしは更新と同時にいつもやっています。

ところが以前、過去記事を多量リライトしたことがありました。いつもとは違う流れになったのでその辺をお伝えします。画像はその頃のものです。

その作業を「人がやっているのか」を試される?

指定した対象物をチェックする試練

出題された「お題」が表示されているマス目をクリックして「正解」なら、いつものインデックス出来る画面にいくことができました。

「道路標識」が写っているマス目をチェックする

「パーキング標識 P」の部分をチェックした

確認すると、また違うお題が表れた。

「道路標識」を当てる出題はつづく

「ストップ標識」の部分をチェックした

まだ続きます。

「自動車」が写っているマス目を”全て”チェックする

標識と同じようにチェックして正解すると、いつものインデックス出来る画面となり、何とかなりました。

「私はロボットではありません」のチェックBOXにチェックを入れる

「このURLのみをクロールする」にチェックを入れた

「送信」をクリックして完了です。

Search Consoleを使ってブログ記事にクローラーを呼ぶには?

  1. 最初の「ダッシュボード」画面の
  2. 左横の「クロール」の中の
  3. 「Fecth as Google」を開く


BOXの中に記事のURLを貼り付ける


「取得」か「取得してレンダリング」どちらかを選ぶ。

わたしは「取得」を選んいます。


上手くいくと、「完了」になります。


おわりに

一度に大量に記事の情報を変更をするのは「もしかしたらスパムでは?」という、ありがたい仕組みです。

自分の書いた渾身の記事を「誰かが先に」インデックスする前に、早いところクローラーに信号を送って置くといいそうです。

誰が何と言おうと書いた記事は貴重なあなたの財産です。しっかり守っていきましょう。

オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする