店舗販売か?ネット通販か?「節水グッツ」を買う時に迷った理由

家の水道から出る水を、今すぐ減らしたい事情になったので、とりあえずホームセンターに行きました。商品を目の前にするとアレコレ迷ってしまいます。

  • 「やっぱりお店は高いなぁ」
  • 「通販の方がいいのかなぁ」
  • 「いま買うのか」
  • 「後で買った方がいいのか」

ネットを使えば、探し物はすぐに見つかります。でも、お店に行ってその商品を目の前にした時、あなたはどうしますか?

色々と考えてしまった、私の頭の中を書いてみましたよ。

前回は、バスタブから家の外へ水を出す方法をお伝えしました

●関連記事

リンクお風呂の残り湯を家の外に流したい!一人でも出来る7つの手順

シャワーヘッドを節水型に交換したい

節水する理由とは?

節水型シャワーヘッドを買う人の目的って何でしょうね。

「水道使用量を少なくして支払いを減らしたい」これが多くの人の目的ではないでしょうか。

でも私の場合はちょっと違いました。

排水量を減らしたかったんです。

どっちにしても同じ効果になるから、意味は同じなんですけどね。排水工事が終わるまでの間、「極力、水を使う量をおさえること」が最大の理由でした。

品数が豊富で迷います

webを開けば、たくさんの情報がある中から、どんな商品を選べばいいのでしょう。私は最近、ネットショッピングにハマってます。

商品レビューや値段を比較しながら品定めをするのがいつものスタイルです。そして気に入った品を見つけたらボタンをクリックする流れでした。

あなたも、より好みして時間の無駄使いをしてませんか?私もそうなんです。それもネットショッピングの魅力ですよね。

2つの選択肢でゆれる心中

節水シャワーヘッドの値段が、

「高い方を買うか」「安い方を買うか」で迷ったんです。

値段が高い方

値段が高い方は、「値段は嘘をつかない」だけに、安い方よりも「よい品」の確率は高いです。

でも、もし買った品が「使えなかったよ」「値段とつりあわない」としたら、ものすごく損をすることになりますよね。

値段が安い方

一方、値段が安い方にもメリットはあります。もし、よい品だったら、もうけものです。あまり効果的じゃなかったとしても値段的に納得できるでしょう。

中には、不良品をつかんで後悔した経験もありましたけどね。これが安物を買う最大のデメリットです。

「安物買いの銭失い」の言葉どうりに、無駄遣いに終わってしまう場合もありますから。

さあ、どれを選べばいいのか迷ってきましたよ?

とりあえずネットの情報はキープした

「現物を見てから決めても遅くはない」そう思い、ホームセンターに行って商品を見ると、ネットで見た品がありました。店舗販売の場合、種類は少ないのが現状ですね。

「お店で売っているなら大丈夫のでは?」と考えたのは、まったく使えない商品を店舗で売っているとは思えなかったからです。

粗悪な品を売り続けいては信用を失ってしまうし、ますますお客様は通販へ行ってしまうからです。

もちろん通販にもよい品はたくさんあります。でも疑ってしまうのは、相手が見えないビジネスだから仕方ありませんよね。商売は信用第一ですから。

最終的にネット通販で、一番安いメーカーの節水シャワーヘッドを買うことに

正直、今すぐに欲しかったんです。なぜなら一刻を争うからで、

「早く節水したい」と言う目的を達成できるからです。しかし、ホームセンターで買うのを躊躇(ちゅうちょ)したのには理由がありました。

関連商品を見てしまったから

節水シャワーヘッドを見に行った場所は、水回りのコーナーでした。水回りコーナーには、キッチンやトイレの関連商品もたくさんあります。

思い出したこと

ネットショッピングの特徴として、関連の商品を表示する機能がありますよね?節水ヘッドを見たときに、他の節水グッツを知ったのですが、

「お風呂の水以外も節水は必要だよね」私は、キッチン蛇口も表示されていたことを思い出したんですよ。

どうせなら「節水キッチン蛇口」の購入も

でもちょっと困ったことを想像してしまいました。それは、目の前にある節水蛇口が、本当に、我が家の蛇口のメーカーに適合するのか、心配だったからです。

■ネットで調べたら「各種メーカーの蛇口にほとんどに対応します」と言う一番安いパーツがあるのですが、パーツ単体だと送料がかってしまいます。でも、節水蛇口といっしょにパーツを買うことで、パーツの送料をはぶけたんですよ。

買って合わないと困ります

早いところ欲しいけど、もし、目の前にある節水蛇口が我が家の蛇口と合わなかったとしたら、メーカーに合ったアダプターを、その都度、買いなおさなくてはいけませんよね?

だったら最初から、各メーカに合うアダプターが入ったアダプターセットを買ってしまった方が面倒はないのでは?と思ったんですよ。

まとめて全部、「ネットで買った方がいい」と言う結論になったんです。

おわりに

何を優先るかは、その時々で違います。安いから、早いから、お得だから、みんなが使っているから、様々な理由をもつことでしょう。今回わたしは、確実な方を選択しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする