ドラム

ツーバスを安定して刻むための初歩的な2つの理屈

ツーバス「初級者~中級者」にとって、速くても疲れずに安定したリズムを刻むことが目標であり悩みでもあります。   たしかに「パワー体力」でのツーバスならイントロくらいは出来るかも知れません。でもそれでは「出来たこ…

コメントなし

初心者ドラム練習は「いつでも」「どこでも」「スティックなし」

スポーツ選手の練習法って、その競技をずっとやり続けることだけなのでしょうか。   野球選手はバットを、卓球選手はラケットを、ゴルファーだって素振りします。ボールがなくても上手くなるための練習になるからです。 &…

コメントなし

ツーバス連打は○○する様にペダルをふむめば疲れない

この記事にたどりついたということは、ある程度ツーバスをふめる人のはずです。   「イントロの連打やBメロの複雑なパターンやオカズの部分もバッチリふめるけど、持続力がない。一曲たたくと足パンパンでヘトヘトだ」もし…

コメントなし

X-JAPANドラム極めたら?洋楽メタルを聴かない人が次に進むジャンル

「日本が誇るメタルドラマーはだれ?」といえば「X-JAPANのyoshiki」と、きっと誰もが答えることでしょう。   今尚、(2017年現在も)神的存在です。世代を超えて多くのドラマーが憧れて、彼のプレーを真…

コメントなし

「オレのドラム力じゃその曲は無理」は、持ち方を変えれば解決

あなたはスティックを持つとき、5本の指をつかってギュッとバチをにぎりしめていませんか?   ドラミングは脱力してたたくことを目指しましょう。   でも慣れないと、つい、二の腕に力が入ってしまうものです…

コメントなし

ハイハットを速くきざみ続ける方法は、やっぱこれしかない!

曲のスピードに合わせてドラムを叩けないとき、あなたはどうしますか?   とくにハイハットはくせ者です。「スティック使い」をまだマスターてないと力が入ってしまいます。ハイテンポな曲を片手でチキチキときざむにも限界…

コメントなし

速くても疲れないドラムの叩き方は、身体の能力を理解すれば解決する

ドラムの連打や速いリズムをきざむドラマーを最初見たとき、疑問に思ったことがあります。 「何で疲れないのだろう」って考えました。 「きっと、特別な筋トレをしてるから力があるんじゃないの?」って思ったこともあります。 &en…

コメントなし

ドラム練習パッドはコスパで自作!おやじバンド再結成

若い頃にバンドやっていた人が、また再結成することはよくあるはなしです。   むかし使った楽器を、まだ持っているのならメンテナンス次第で復活します。特に生ドラムは電気を使わない楽器ですから、ドラムヘッド(打面)の…

コメントなし

ドラマーがやりたくないバンドのコピーを進んでするべきか?やめるべきか?

  あなたがドラムを始めたきっかけって何でしたか? 「みんなバンド組もうぜ?!」もし友達同士とだったとしたら、何をやるのか決めているはずです。なぜなら、かっこいい姿や感動の曲たちに出会い影響をうけたからです。 …

コメントなし

父になりバンド再結成したドラマーは何を大事にするべきかを考えた件

若い頃バンドを組んでいた人が、また、久しぶりに再開することは結構あるはなしです。   自分が担当するパートが、もしギターだったとしたら、まずはギターを買うことからはじめるでしょう。でもドラマーは困りもの。あの大…

コメントなし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする