庭に植えたバラが小さくて消えそう。鉢上げで救済

この記事は約2分で読めます。
枯れかけたバラ

庭に植えたバラの木が一向に大きくならず、それどころか風前の灯火。

なので元気が無くなったバラを鉢に植え替え、適切な処置をすれば復活するというのでやってみることにした。

と同時に、わたしはこのバラが植えてある一角をリセットするのも兼ねている。

▼つるバラも、当バラと同じ日に鉢上げしてます。

つるバラ(羽衣)を地面から掘り出し15号のデカイ鉢に植え替えた

かろうじて生存するバラを掘り出して鉢に植え替えた

決行した時期は2022/02/25日。

掘り出すのはバラの休眠期がグッド。

余分な土を洗い流した

今回も前回と同様、根についた土を水で洗い流すことにした。

理由は、「根頭がんしゅ病」などに汚染されてないか?の確認と、虫などを追い出す意味も兼ねての処置。

植え替え後のバラの高さを事前にチェック

植え替えた後のバラの高さが、どの位置になるのか?を実際にバラを鉢中へ入れて確認すると良い。

苗木を深く埋めすぎると、接ぎ木したイノバラの根から芽が出てしまう可能性がある。

ところが当鉢は幅は広いが浅いので、理想的な深さに植えることがでない。

根をカットするにも、この苗木は元気がなさそうなのでどうしたものか。

仕方なく浅めに植えることに。

いや、それかなかった。

地植えの時よりも、根の上部が露出してしまったが、これで様子を見るしかない。

最初に鉢上げしたバラの鉢とのツーショット。

接ぎ木したイノバラから芽が出る件について

先ほど「苗木を深く埋めすぎると、接ぎ木した根から芽が生えて来る」的なことを話した件について。

実は当バラが植えてあるエリアにそんなバラがあった。

その苗木からはもうバラの花は咲くことがない。

そして接ぎ木として使ったイノバラの根から、トゲのない枝が成長し、小さな花が咲く。

これが四方八方ボサボサに長い枝が生え広がる習性がある。

どう見ても美しい光景とは言えず、どうしたものかと、かなり迷った。

「手間いらずな庭づくり」「なるべくコスパで解決」という庭の未来のため、可愛そうだが天に召していただいた。

おわりに

今後わたしが出来ることは、水と防虫の管理だけ。

後はバラに任せるしかない。

▼当バラを鉢上げした当日に書いた記事。

植物の管理は自分の都合より優先

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました