つるバラ(羽衣)を地面から掘り出し15号のデカイ鉢に植え替えた

この記事は約5分で読めます。
つるバラ移植

わたしは、自分が「本当にやりたかったこと」を思い出し、それを実行するため、他の部分の効率化をしている最中。

その中の1つとして「手間いらずな庭を目指す」という課題を立てた。

庭の一角にある花壇に植えてあるバラなどを移植して、除草剤をつかって、しつこい多年型の雑草を駆除するつもりでいる。

この第二弾として、2月の下旬、つるバラを鉢上げした。

先ずは土作りからスタートを

もしバラ専用の土を使わず、自分で土作りをするのなら、バラを掘り出す前に土作りをするといい。

理由は、掘り出したバラの根の乾燥を防ぐため。

今回使う土は自作ブレンドなので、慌てない様、先に土を仕込んで置くことにした。

今回のつるバラの高さは約1.8m。

前回、購入した土や肥料では足りないので、赤玉土や鹿沼土をホームセンターにて追加。

更に鉢上げ用につかう、プラスチック製の大小2つの鉢をチョイス。

つるバラ用として買った鉢のサイズの直径は45cm(15号)

サイズは勘で買ったので、入るのか?この時点では未知数。

土は「オリジナルブレンド+」にて

配合は、

  • 赤玉土
  • 鹿沼土
  • 牛ふん堆肥
  • 培養土
  • クン灰

今回はそこにプラスして、腐葉土を入れてみることに。

理由は、腐葉土の「遅効性効果」によって、じっくり栄養補給出来るようにと考えた。

それと、前回の鉢上げのときの配合とは違ったモノにすることで、どの様な効果があるのか?実験も兼ねている。

よーくまぜまぜ。

この量で足りるのかは分からない。少ないよりはいいので多めに作っておく。

つるバラを掘り出す

バラの名前など

このバラの名前は『羽衣(はごろも)』というそうだ。

  • 系統=つるバラ
  • 花経=10cm
  • 樹高=3m
  • 芳香=中香る

澄んだピンク色の花を枝一杯に咲かせます。四季咲き性にも優れ、耐寒性。・・病に優れ、寒冷地での栽培にも適します。

色あせてしまったが、備忘録としてネームプレートを貼っておく。

地面に植え替える際に使えそう。

このつるバラは妻が植えたもの。

高さは大人の身長を優に超えている。枝の幅は、

  • 根本部分=10cm
  • 枝の太い部分=4cm
  • 枝の細い部分=2cm

植えてから肥料などを与えてないと思う。それでも毎年花が咲いている。意外と元気。

問題は巻き付いたグランドカバーや雑草のツル。

他のツルとの葛藤

「葛藤」とは読んで時のごとく、葛(かつら)のツルと、藤のツルが絡み合っている状態。

互いに巻付き合う様(さま)を言う。

実はこのつるバラには、アイビーとヤマノイモのツルが木にぐるぐる巻き付き絡み合っていた。

このツルを取り除く作業が一番手こずった。

とにかく知っての通りバラには棘(とげ)がある。

途中何度も手の甲や指に刺さって難航。イッテ!!っと思わず声を出さずにはいられない。

「チッ!」「クソぉ!」「あ〜も〜!」と、汚い言葉を連発するほど腹が立った。

剪定バサミを使ってツルをカット。

取り終えたら、木から半径40cmくらいの場所にシャベルを突き刺し、根を掘り起こした。

上に伸びた枝を短くカット&持ちやすい様にトゲを取る

バラは植え替える時は、枝を詰めると聞いたので、適当な長さにカット。

掘り起こしたバラを移動したり、鉢中に植え付ける際、棘(とげ)でケガをしない様、木の根元付近のトゲを外して置いた。

前回と同じ様に、古い土を水で洗い流した。

バラを鉢に入れて確認

このバラの根がこのサイズの鉢に入るのだろうか?

入れてみたら、根が飛び出て入らない。

どうしよう・・ネットで調べたら、「根を傷めてはダメ」の意見もあった。

逆に「切ってもよし」もあったし、この鉢よりも大きな鉢を買うつもりはないので根をカット。

ダメ元で挑戦。

鉢底石・ブレンド土を入れる

バラは排水性と保水性がある状態を好むらしい。

たっぷり水を与え、水が完全に無くなってから、また水やりをするのが理想とのこと。

なのでセオリーの通り、鉢底石を敷き詰めた。

鉢底石の上にブレンド土を敷く。

ポイントは、バラを入れたときを逆算。

「ウォータースペース」を意識する。

この時点で、根の乾き防止も兼ねて、土に水をかけて湿らせて置いた。

出来上がったら、水が鉢底から染み出るまで、たっぷり与える。

余分な枝は切る

バラを移植する際のポイントがある。

根の大きさに合わせて木のサイズを調整すること。

まずは根を生やすことが重要なので、枝に養分を取られないための処置。

今回のつるバラは枝の本数が多いと感じたので、バランスを見て太い枝を1本カットした。

木の付け根に穴が!

つるバラを掘り起こして根をよく見てみると、ボールペンサイズの穴をいくつか発見。

中に何か居るのでは?と考えての水攻め。案の定、中から昆虫が数匹出てきた。

完成

わたしは敷地の南側の、日中ずっと日が当たる場所に、当バラを置いた。

時期は寒風が吹き付ける2月の下旬。

不織布をかぶせて乾燥を防ぐとよいそうだ。

そのまま様子を見ることにする。

おわりに

今回でバラの鉢上げは2つ目。

残りはあと1つとなった。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました