バラが大きく育たない原因は『根と土』に理由があった

この記事は約3分で読めます。

もし庭に植えたバラの苗木の成長が良くない様子なら、試しに掘り出して見よう。

ひょっとしたら根が『根頭がんしゅ病(こんとうがんしゅびょう)』にかかっているかも知れない。

ものはついでに、土を入れ替えリセット。バラに栄養補給で活力を。

「根頭がんしゅ病」が成長を妨げている可能性

先日わたしはバラの鉢上げを初めてやってみた。

根についた土を落すとき、

  • 「白いかたまり」
  • 「黒いかたまり」

2つを発見。

それぞれ太い根っ子に絡みついていた。

危険を察知し、念の為、全部取り除くことに。

後日ネット検索し、それらしき病状を知った。

当初「バラの根の白いコブ」で調べても、わたしのケースと同様の小さなコブは見当たらず、大きなコブばかり。

けど、それらしきサイトを発見。

この記事によると、

コブは初め白色で、徐々に乾固して黒褐色のざらざらしたこぶとなり・・

タキイ種苗株式会社
※リンク先のURLはトップページのみ使用可能だったので該当ページではありません。花・病害情報・バラ類・根頭がんしゅ病で検索してみてください。

白く小さなコブがやがて黒くなると思われる。

なぜ「がんしゅ病」になると元気が出ないのか

根にコブが出来ると、土の中の水分や養分をコブが吸収してしまう。

結果、バラは元気が無くなる。

水分の多い酸性土壌や、水はけの悪い土壌で発生しやすいそうだ。

カブなどアブラナ科の野菜も発生するという。

がんしゅ病の予防と処置

予防

結論は、毎年、土を良い状態に更新してあげること。

  • 良質な土で水はけを確保
  • 良質な堆肥で土壌に活力を与える

良質な土と堆肥で(善玉菌)を増やし、がんしゅ病(悪玉菌)の発生を抑えることができるという。

処置

がんしゅ病はウィルス感染なので、農薬での治療はできない。

でも予防は出来るそうだ。

根に過度な(キズ・乾燥・強アルカリ)状態になると発生しやすいという。

やはり、日頃の管理とケアが大事というわけだ。

▼「レッドロビンの感染病」でお馴染みの『トップジンM』が使えるらしい。

【レッドロビン病気から復活計画】2年目の挑戦。水和剤を散布[3回目]

▼カイガラムシに効果があった薬品はこちら。

【害虫駆除】庭木に白いネバネバとアリの大量発生は「カイガラムシ」

おわりに

わたしは以前、鉢植えのバラを買ってきて庭に植え替えた。

ところがバラは年々元気がなくなり、今では、かろうじて生存している状態だった。

そのバラは地面を掘って、ただ埋めただけ。液体肥料をたまにまく程度。バラ専用の土とかはやってない。

けど今回、鉢上げの際に良質な土と堆肥を施した。

バラは毎年植え替えるのが理想だということも知った。

やってみたら意外と簡単だったので、これからはしっかりバラと向き合っていくことにする。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました