男の玉がかゆい!市販薬を塗ったら酷くなり病院へ駆け込んだ件

この記事は約7分で読めます。
恥ずかしさを捨てろ

餅は餅屋

ある日突然、何もやった覚えが無いにも関わらず、睾丸を包む袋が痒く(かゆく)なることがあります。

「これって何だろう・・」あせりますよね。ネット検索してみると症状は『陰嚢湿疹』の結果になることでしょう。けど、そうとは限りません。

もし何の外傷も無いのにも関わらず痒いとしたら、他の病気から来るシグナルかも知れないからです。市販の薬を塗る前にはまず、病院へ行ったほうが無難です。

結局わたしは病院へ行きました。なぜ行くハメになったのか(早まったのか)と言うと『市販のデリケートゾーン薬』を塗ったから。わたしには、この薬が合わなかったからです。

この記事は、痒くなってから病院へ行った日までの記録を書いています。

市販薬が悪いのではありません。この薬が私には合わなかっただけ。

痒みを感じたら直ぐに皮膚科へ行きましょう。早ければ早いほどイイ

1. あれ?何か痒いなぁ

ある日、デリケートゾーンが痒くなりました。この時点はまだ初期なので、目に見える症状はありません。

不思議ですよね。痒いのに、はれて無いのですから。もしそんな症状だとしたら、この先、長い戦いになるかも知れませんよ?

この時点で病院へ行けば直ぐに治る可能性が高くなると言います。「忙しい」とか「恥ずかしい」とか「そのうち治るだろう」と言ってる場合じゃありません。と私は強く言いたいです。

わたしの場合は取り敢えず家にあった市販の軟膏薬(なんこうやく)を塗りました。すると塗った瞬間から「スーッ」とクールな感覚になり、痒みが止まったのです。(*´ω`*)

その薬の「効能」と「成分」は、

あせも、かぶれ、かゆみ、ただれ、湿疹、皮膚炎、しもやけ、虫刺され、じんましん。ジフェンヒドラミン、酸化亜鉛、lメントール、dl-カンフル

ちなみに塗るタイミングは夜の風呂上がり。きれいに洗ってからタップリと塗りましたよ。

★★★

後に病院で診察したときに先生が言ってたのは、「石鹸とかで洗ってもイイけど、ゴシゴシ洗っちゃだめですよ」というアドバイス。

なので初期の人は、患部を洗う時は優しくソフトに(泡だけで)洗った方がイイですよ?考えてみればタオルで擦れば当然、引っかくことになり刺激を与えるわけですからね。

わたしは薬をタップリ塗りました。硬めなので伸び広げにくいからです。すると白い軟膏がべっとりとくっつきます。なので綺麗にするためタオルでこすってしまった。これも失敗だと振り返ってます。

ただ、「強くこすらなければ、症状が悪化しない」とは限らないので、この辺は何とも言えませんね。

とにかく、早くプロに看てもらえば、それだけ治る期間が短くなりやすいと思います。治療が長引く=あそこを露出する回数も増えことになりますからね。(*´∀`)

2. 一向に治る気配が無いので、CMでお馴染みの薬を買ってみた

あれから約2週間。薬を塗ると痒みは治まるけど、同じことの繰り返しに、いらだちを感じます。そして、患部をよく見てみると、赤くなり、痒い場所が広がっている様に見えました。

ネットで『陰嚢湿疹』を調べた人なら知っての通り、そのまま放って置くと、次の段階へと症状が進んでしまうと言います。なので、それらしき塗り薬を最寄りのドラックストアで買いました。

買った商品名を書いていいものか分からないので、ヒントとして以下に成分を書いてみます。

ジフェンヒドラミン塩酸塩・グリチルレチン酸・イソプロピルメチルフェノール・Lメントール・トコフェロール酢酸エステル

デリケートエリアのかゆみ・かぶれ治療薬』と表記されいる商品です。

結論として、わたしはこの薬が合いませんでした。

そこで思ったのが、患部に塗る前に、首などの皮膚が薄い場所でテスト塗りしてみてはでうでしょう。もしかぶれたら、塗るのを止めればいいのです。(パッチテスト)参考までに、

★★★

さっそく当日の風呂上がりにサッとひと塗り。すると最初の市販薬とは打って変わって「染みるーー!」の一言です。ジリジリと焼ける様な痛みとヒリヒリ感。

「これが効いてる証拠なのか?」塗ってから約30分経つと痛みは消え、痒みはスーッと治まりました。

説明書によれば「一日数回、適量を患部に塗布して下さい」とのこと。

結論で言った様に、もしかしたら、この薬によって炎症が進むかも知れません。ちなにみ私は、ハウスダストアレルギーの鼻炎持ちです。そして40を過ぎてから乾燥肌になったこともありました。これが関係あるのか分かりませんが参考までにどうぞ。

市販の鼻詰まりスプレーで鼻腔炎症!わたしは病院へ行き家を変えました

3. この市販薬を塗って4日目に症状が悪化

この商品を3・4日、繰り返し塗りました。最初の市販薬とはちがって、塗ると患部が赤くなり、湿っている状態なのは変わりませんでした。初回同様に塗ると痛みを感じます。そしてしばらくすると痒みは治まるの繰り返し。

後は2日くらい経ってから夜中に痒くなり何度も目が覚めました。例えるなら虫が這ってる感覚。3日目・4日目も共に同じで、さすがに睡眠不足です。

★★★

そして4日目の夕方、階段を降りるとパンツと患部が擦れ、初めて痛みを感じました。

シャワーを浴びるため脱衣所でパンツをおろして患部をよく見てみると、赤みを帯びたヒビの様な亀裂の様なものを発見!そのヒビから体液がにじんでいるのも見つけたのです。

そのまま風呂に入ってシャワーを浴びると、患部に滴り落ちるお湯が染みるの何の。チクチクと痛みとなったのです。

取り敢えず塗り薬を落とすため、ボディソープの泡で優しく洗い、湯船に浸かるのを断念してお風呂を上がりました。雑菌が心配だからです。

「さすがに、これはヤバいんじゃねぇ?」ここで初めて、病院へ行く決心をしたのです。メーカーさんには申し訳ありませんが、間違えなく、この薬が原因だと感じずにはいられない。

この商品を塗ったせいで酷くなったのか、たまたま、そのタイミングだったのか、この時点では分かりませんでしたが、先生はこの薬が原因だとコメントしています。

4. 危険を感じたので塗るのを止めた

当然4日目の風呂上がりからこの市販薬を止めました。今後を考えなくてはいけません。

そしてこの商品をぬってから5日目(塗るのを止めた日)のこと。患部をこすったりしなければ不思議と痒みは感じません。けど、やはり夜になると痒みや違和感があり睡眠不足でした。

ちなみに、この時点からシャワーを患部に当てると、水圧によって痛痒いくなるので、シャワーの水圧を下げ、お湯をチョイ出しにして優しく泡を流しました。

「あぁこうなるんだったら、もっと早く病院へ行くべきだった」と後悔しかありません。

と同時に患部から遠い場所(裏玉)が痒みを感じてしまいます。飛び火なのか分かりませんが、確実に患部をむしばんでいる。

もっと早く病院へ行く決断をすれば良かった

痒み出してから約2週間。例の市販薬を塗ってから6日目に病院へ行きました。

そしてこの商品を塗ってから6日目は、丁度、仕事が休みだったので、近隣の少し大きな街にある、皮膚科の専門医がいる病院へと行ったのでした。

★★★

処方された塗り薬を「患部を綺麗にしてから一日2回塗る」と薬局の人から言われました。そして、わたしが病院へ行ったのは午前中だったので薬は夜シャワーを浴びてから塗ることにします。

しばらくしてから下半身を露出させて、もう一度よく確認していると、何だか臭います。原因は、患部から出ているベトベトした液体でした。昨日まで無かった症状になってしまったのです。

市販薬を塗るのを止めた4日目から症状の進行が目に見えて早まっている感じです。

その当日の夜、シャワーを浴び終えてから薬を塗ろうと患部を見ると、病院へ行った当日の朝よりも、更に赤い領域が広がってもいました。

なので、薬をもらったら、出来るだけ早い時点で塗った方がイイと言いたいのです。症状の進行は、自分の都合を待ってはくれないからです。(ToT)

おわりに

恥ずかしいのはわかりますが、股間が痒くなった時点でお医者様に診てもらいましょう。

それでも、病院へ行かずな選択をして、市販薬を塗った時に、わたしと同じ症状を感じたらそれは薬の副作用。直ぐに病院へ行った方が無難です。

そして病院には休診日があります。行きたくても行くことが出来ない状況があるかも知れません。

当初わたしは別の皮膚科に行こうと考えました。けどその日は丁度その病院はお休みの日。でも結果的に別の病院へ行ってよかったと振り返っています。

こんなに酷くなるとは想像もしてませんでした。病気は早いほど治りやすいのは本当だと思いましたよ。反省です。(;´∀`)

もし陰嚢湿疹だとしたら治っても、またぶり返すこともある様です。でも本当はそうでは無いのなら、総合的な検査も必要ではないでしょうか。

そもそも「なぜ、そうなったのか」には必ず理由があるはずです。そこを何とかしないとイケナイと考えています。

金玉かゆい(陰嚢湿疹)根本的な原因は○○かも知れない件

コメント

タイトルとURLをコピーしました