バラに害虫と病気が発生。市販の薬剤をスプレーした【5月のバラ管理】

この記事は約9分で読めます。

「病気と害虫を寄せ付けない」そのためには、専用の薬を使う必要があるそうなので、やっちゃいます。

病気と害虫予防は3月〜既に始まっていた

結論からいうと、バラの病気と害虫を寄せ付けないための対策として、前もって薬剤をつかうこと。

わたしはバラ栽培初心者なので、今回バラ栽培の本を買った。

この本の章の中にある「病気と害虫対策」について、一部を抜き出してみよう。

  • 新芽が5cmくらい伸びたころ
  • 1週間に1回程度のペースで
  • 雑菌剤と殺虫剤を同時に散布する

更に、病気と害虫予防をする時期は、3月〜11月と書かれていた。

そして当記事を書く今現在は5月上旬。時既に遅し・・・

実はこ最近、害虫も表れ、病気にかかった様な葉もちらほら出てきた。

このまま見過ごすわけにはいかない。

本には薄めて使う薬液の作り方が書かれていたが、まだバラの数も少ないし、正確な分量を作れる自信もない。

なので市販のバラ専用消毒薬をスプレーすることにした。

我が家のバラの病害虫の状況

数日前、何気にバラを観察していると、色の様子がおかしい葉と虫食いを発見。

▲葉に黒い模様。恐らくこれは黒星病。

黒星病は雨と一緒に出る。梅雨や秋の長雨のときは注意が必要らしい。

▲こちらは葉に小さな穴が空いている。

▲こちらは葉の角が虫食いに。

いったい犯人は誰なのか?

一瞬、枝かな?と思ったが、若い枝から古い枝が生えるはずがない。場所的には不自然。

画像を拡大。

この後、棒を使って持ち上げてみたら、枝ではなく虫だった。

調べによると、『エダシャク類』の仲間っぽい。

5月ころ、イモムシ状の幼虫が葉やつぼみを食害するそうだ。

▲そして名前の分からない昆虫が、よく葉の上で休んでいる。こいつは一体誰なのか?

『チュウレンジハバチ』っぽいが違うような気もする。

卵を産み付けられては敵わない。

早速、市販薬をスプレーしてみよう。

まずは病気の葉を取り除く

まずは病気にかかったと思われる葉を取り除くことにした。

方法は、芽かき作業で学んだことをオマージュ。

剪定バサミを使わず、切り口に触れない様に気をつけならが、指の腹で生え際からプチっと取り除く。

数枚ほど取り除いたが、2つある内の一つの苗の切り口に触れてしまった。

こちらの葉は、小さな穴がたくさん空いていた。恐らく虫食いだと思う。

病気の葉は近くに放置すると伝染する可能性がある。なので遠い場所に追いやった方がいい。

▼我が家の生け垣レッドロビンは伝染病にかかったまま完治せず。そうならないためにはしっかりやった方がいい。

【まとめ】レッドロビン病気を治すまでの道のり

バラ用の薬剤は別の物を交互に使うと良い

ベニカファインスプレー

ということで薬剤は、いつものホームセンターにてお買い上げ。

本当はこの商品ではなく、同じメーカーの別の商品を買うはずだった。

けどバラは、同じ商品を使い続けると効き目が落ちるので、色んなタイプの薬剤を交互に使い分けた方が良いそうだ。

なので、この店がすすめていた当商品も、いずれ買うつもりでいた。そんなわけで迷わずチョイス。

■今回買ったお店での購入価格

  • 住化ベニカファインスプレー
  • 価格980円(税込み)

▼ちなみに、こちらの商品を買うつもりだった。

今回買った当商品は、薬効が1ヶ月持続するそうだ。

効き目については、後ご期待。

使い方は「気候の確認」「葉の両面を散布」「二度がけはしない」

■先ず気温が25℃を超えると薬害を受けやすく成るそうだ。

なので以下の条件を守った方がいい。

  • 春と秋は晴れた日を選ぶ
  • 気温が上がる午前中
  • 夏は涼しい朝か夕方に行う

今回わたしは涼しくなった夕方に散布した。

■次に虫は葉の裏側にいることもあるので、表面と裏側もしっかりスプレー。

実際に当商品をつかって裏側を逆向きにしてスプレーしてたが、やはり薬液は出にくい。

実は本来買おうと思っていた別のシリーズを散布した動画を観たら、逆向きでもしっかりスプレーできていた。

もしかしたら?とやってみたがダメだった。

■そして薬剤は一度に何度もかけない方がいいらしい。

特に今回わたしが育てるバラは、今年の2月に地植えから鉢上げしたばかり。まだしっかり根付いてないはず。

そして春は新芽が生える茎が柔らかく、薬を吸収しやすい時期。薬害を受けやすいのだろう。

薬剤が体質に合わない人は完全防御が必要

わたしは、「農薬・殺虫剤・除草剤・柔軟剤(洗濯)・きつい香水」などの薬品が身体に合わない体質だ。

なのでマスク程度の防御では防ぐことは無理。

これらを使うと決まって唇が腫れ、薬剤は息苦しくなってしまう。

先日、芝生に専用の除草剤を散布した。それから10日間くらい気道が狭くなり咳払いをする始末。

そのとき大量の薬を長時間かけて散布した。

けど今回は市販のスプレーを吹きかける程度。それでも終わってみると、前回ほどではないが反応は出る。

薬剤散布専用の防御マスクを買うつもりでいるが、買うのをつい忘れてしまう。

おわりに

病気にかかった葉と害虫は見つけ次第、取り除くことにする。

そのためには毎日の観察が必要だ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました