【5月のバラ管理】早くも枝葉が密集。少し遅いけど「不要な芽」を摘んでみた

この記事は約4分で読めます。
春バラの管理

庭に植えてあったバラの苗木を、鉢植えに移植した。

その際、不要な枝を大胆に剪定。春になると新芽が芽吹く。

そして上手にバラを咲かせるためには、不要な芽をつむ必要がある。

でもどれをどうすればいいのか分からない人もいることだろう。

今回わたしは、「芽かきに適した時期」を逃していることを、買った本を読んでから知った。

それでもまだ間に合いそうなので、やるだけやってみよう。

そんな内容。

▼前回の記事

庭に植えた元気ないバラを鉢に植え替えてみた〜復活を望み初挑戦

そもそもバラは「芽かき作業」が必要だった

春になると何も無かった枝から新芽が芽吹く。

バラは1つの節から基本3つの芽が出る性質がある。

その3つ出た芽の内の、真ん中の芽を残し、両脇の芽は全部摘み取ってしまう。

枝に成長する前の段階の、まだ小さな芽の内に摘み取ることがセオリーになっていた。

芽かき作業は、新芽が芽吹く時期が適期。わたしが暮らす関東では3月あたり。

今回わたしは、つぼみではなく、成長してしまった芽(枝)を摘み取った。

時期は5月3日。時期外れ。

遅ればせながらではあるが、まだ間に合うと期待する。

バラの「芽かき」ではなく「枝かき」をやってみた

▼2月上旬、当バラの木を鉢上げした直後の画像。

2月にバラの鉢上げ

鉢上げ後日、太い枝2本を残し、細い枝は剪定している。

▼5月上旬の様子。2ヶ月と22日後。

何もしてないので自由に成長。

このままでは良くないので、今回知った芽かき作業の知識を基にやってみることにしよう。

【バラの芽かき作業のポイント】切り口に触らない

芽かき作業のやり方のコツは、芽の付け根に指を添え、軽く押すように力を入れてかき取る。

この時のポイントは、切り口からの雑菌侵入を防ぐため、切り口を触らない様にすると良いそうだ。

わたしの場合、既に枝化していたので、かき取れるのか微妙。

かなり分かりづらいと思うけど、1つの節に3つ葉が生えていた。

結果、真ん中の枝を残し、両サイドの枝を摘み取ることに成功。

少し力んで枝をねじって引っ張りながら。すると、枝元から綺麗に取れてくれた。

別の枝も同じ様にむしり取ってみよう。

枝の成長によって取る枝を考えた

既に成長してくると、同じ節から生えた3つの枝葉の成長に違いが出てくる。

本来は真ん中を残すのがセオリーだけど、実際その3つの成長ぶりを見てみると、

必ずしも真ん中の枝を残すことがベストだとは限らない気もする。

理由は、3つの枝、お互いが相手の枝を避けようと成長してしまったから。

たとえば3つの内の芽が真ん中よりも上にあるとしたら、上の葉が邪魔になり、真ん中の葉に光は当たりにくい。

そうなれば上の葉が必然的に大きくなってくる。それなのに真ん中の葉を残すことにこだわる必要はるのだろうか?

なので今回迷ったが、より生育した枝や、枝の伸びた方向によって、残す枝を独自に選別している。

光の加減で分かりづらいけど、3つの枝が生えている。

▼株元の方から生えていた枝も千切ってさっぱり。

正直いうと、どの枝を残した方がいいかが分からずに迷った。

これが正解なのかは今のところは不明。

バラの成長のため余計な「不定芽」もつみ取る

バラは本来芽が出る場所意外から芽が出ることがある。

この現象を「不定芽」というそうだ。

このままにして置くと栄養が足りず、全ての芽の成長に悪影響。

そんな時は、枝の先端の芽を残し、それ以下の芽は全てつんでしまおう。

バラ不定芽

他の新芽は3つ葉が生えて勢いもある。

ところがこの葉は枝ぶりも細くこじんまりしている。なので摘むことにした。

▼株元から2つに分かれた枝の内の別の枝。

当バラの苗木は、アルファベットの「Y」 の様な形になっている。

上の画像の枝から生えてくる葉は、先程の枝とは違ってひ弱な感じ。枝に成長せず。

とりあえず、一番上の葉だけ残して、それ以下の複数の葉は摘んだ。

「この枝を残した方がいいのか?」それとも「根元から切った方がいいのか?」については、原点のわたしの知識としては分からない。

株元の葉も除去

株元にもちらほら芽が出てきたので、思い切って摘むことに。

バラが芽吹く時期の剪定は避ける?

左の枝枯れ気味。

この時期に剪定すると、その修復に養分が取られるそうなので、このまま残して置く。

この辺りの判断も勉強が必要。

バラの芽かき枝かき作業の終了

枝葉を芽かき枝かきしたお陰で苗木はさっぱりした。

これで必要な場所に養分が行き届くことだろう。

そして葉の密集も減ったので、虫や病気対策にもなったかな。

おわりに

実際に枝かきをしてみた感想は、当然だけど、枝が小さく柔らかい内の方が、芽かきしやすく、

枝が伸び成長する程、枝を千切りづらく、芽かきし辛かった。

もしもっと早い段階で芽かきしていれば、もっと早い成長を見せてくれたのかも知れない。

来年は適期に芽かきしてみよう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました