「システムイメージの作成」でエラー?ある常駐ソフトを止めてみた

この記事は約5分で読めます。

 

わたしは「システムイメージの作成」をする段階で、こんなエラーになってしまいました。

 

ネットで調べてやってみたところ、何とかバックアップに成功できたので、その原因と対処法を画像をつかって説明しています。

 

まずはマニュアル通りに作成してみる

■システムイメージのバックアップをする

 

設定

更新とセキュリティ

と開くと以下の画面になります。

 

1.システムイメージの作成をクリック

 

 

2.自分がバックアップしたい場所を選択する

 

 

ちなみにわたしは外付けハードディスクです。

「次へ」をクリック。

 

3.バックアップしたいモノにチェックを入れる

 

 

画像を見て分かるように、バックアップ項目にチェックマークがありません。いつもネットを参考にしているのですが、何かがちがうんですよね・・

 

わたしは何もいじらないので、設定はそのままでスルー。

「バックアップの開始」をクリックしまた。

 

4.バックアップの作成の準備

 

 

数分待つ。

 

5.「バックアップに失敗しました。」の表示になる

 

 

何度かやりましたが、同じ結果となりました。

書いてあることを読んでも理解できないので、ネットで検索してみることにします。

 

  1. (0x8078011E)
  2. (0x80070005)

 

この数字を検索BOXに打ち込んだら、いくつかヒットしました。

 

「バックグラウンドで動いているアプリケーションを停止する」といいようです。

 

  1. 常駐サービス・常駐ソフトを止める
  2. セキュリティソフトを止める

 

その中から、直ぐに出来そうな方法をやってみることにします。

 

「アンチウィルスソフト」を止めたらバックアップに成功した

■わたしがウィル対策スソフトを止めた手順

 

1.Wi-Fiを切りる

有線の人はLANケーブルをPCから抜く

 

PC画面一番下の黒い部分(タスクバー)に表示されている、

(Wi-Fiの電波マーク)をクリックする。

設定画面が表れたら、

「四角く青いWi-Fiボタン」をクリックする。

切れると、黒色になる。✕マークになります。

 

わたしはバッファロー無線ランのソフトをPCにインストールしているので、アンテナの棒が停止マークになっています。

 

2.アンチウィルスソフトのマークをクリックする

 

 

わたしはNTTフレッツ・ウイルスクリアを使っています。青のカプセルをクリックしました。

すると、暗証番号を打ち込む画面になり、番号を入れ終えると、ウィルスソフトが止まりました。

暗証番号をつくっている場合のケースです。
スタートメニューの中からも停止できます。

 

 

■システムイメージの作成を再度開く

 

1.同じ手順でシステムイメージを作る

 

 

上手くいけば、

「バックアップ作業の準備をしています・・」から

「・・システムパーティションのバックアップを作成しています・・」へと表示が変わる。

 

 

2.システム修復ディスクを作成しますか?の画面になる

 

 

今回わたしはバックアップを取るのみなので、

「いいえ」を選びました。

 

3.バックアップの完了

 

 

閉じるで終了。

 

■停止した設定を元に戻してネットにつなげる

 

1.アンチウィルスソフトを起動させる

 

 

タスクバーに表示されないので、スタートメニューの中から、「ウィル対策スソフト」を選んで起動させる。

わたしは「フレッツ・ウイルスクリアを起動」を開きました。

 

2.Wi-Fiを「オン」にしてネットにつなぐ

 

 

タスクバーのWi-Fi電波マークをクリックする。

設定表示の中の「四角い(Wi-Fi)ボタン」をクリックする。

上手くいくとWi-Fiボタンの色が青に変わる。

 

お疲れ様でした。

以上で、システムイメージの作成でエラーが出たときの対処法の終了です。

 

おわりに

「起動しているアプリケーションを止める」っていわれても何を止めたら良いのがかわかりません。タスクマネージャーを開いてみたりもしました。

 

結局、ネットにエラーコードを打ち込んで調べてみると、それらしき情報はのっています。一番、手っ取り早い方法から試してみました。

 

わたしはいつも外付けハードディスクをPCにつないでないので、ついついバックアップを忘れがちです。

 

たまたま、PC画面の側面に「お知らせ」が表示されたので、半年以上バックアップを取っていないことがわかりました。

 

まだ取り返しがつかない状況になってないので、「ことの重大さ」が身にしみていない表れだと思います。

 

何にでもいえることですが、後悔しないための保険は必要です。

「もしものときの備え」をすると、何だか気が楽になって安心しましたよ。

 

オススメ記事
タイトルとURLをコピーしました