【まとめ】挿し木ボックスウッド生育記録

この記事は約2分で読めます。

ボックスウッドの挿し木に成功しました。まだ地植えしていませんが、その過程を時系列でご紹介します。

■1号機(2018年~)小さくもぎった枝

▶2号機(2019年~)大きくもぎった枝

の2バージョンになっています。

ボックスウッドをポットに挿し木。地植えするまでの記録

【2018年】挿し木を始めた年

■2018年7月(1号機)

オシャレで管理が楽な生垣はボックスウッド(西洋ツゲ)を挿し木で増やす

 

■2018年8月(1号機)

挿し木ボックスウッド1ヶ月後の様子。根っこは生えたのか?

 

■2018年9月(1号機)

【挿し木ボックスウッド】猛暑の真夏を乗り越え無事2ヶ月経過

 

■2018年10月(1号機)

ボックスウッドの挿し木は生命力が半端ない?何度でも再生する

 

■2018年11月(1号機)

ボックスウッド挿し木用の枝の選び方は何?4ヶ月半で生存率100%だった件

【2019年】少し大きな鉢に移植&新たな挿し木も開始

もしもの保険

■2019年3月(1号機)

自己流でボックスウッドを挿し木。どうやら成功したらしい

 

■2019年5月(1号機)

【ボックウッド挿し木】若い小枝1本より、太い3本枝の方が根がビッシリだった件

 

■2019年7月(1号機)

挿し木したこと無い品種を育てるポイントはリスク分散です

 

▶2019年(2号機)新たな挿し木開始

【挿し木ボックスウッド】9月でも間に合うのか実験開始

 

■2019年9月(1号機)

挿し木ボックスウッド翌年に若葉を確認!自力で生き始めている

 

▶2019年11月(2号機)

9月に挿し木したボックスウッド2ヶ月後は人間模様と同じ

 

■201911月(1号機)

挿し木したボックスウッドは翌年秋に成長を見せた

おわりに

成長に連れて記事を更新していく予定です。

▼関連記事

【まとめ】挿し木シルバープリペット生育記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました