「枕木の寿命」ホームセンターで買った10年後の枕木

この記事は約4分で読めます。

枕木を地面に敷いたり地面に刺す行為は、木が土に接触する状況です。

木が朽ち果てるのは小さな生き物たちがせっせと働いてくれるからです。

 

ネットを見ると「シロアリに喰われた」「腐ってしまった」「キノコは生えるのか?」などが心配です。

買ったはいいけど数年でダメになってしまうモノにお金を出したくはありませんよね。

 

わたしは枕木を買ってから丁度今年で10年目。

 

どんな変化があったのかを画像を見て、判断してはどうでしょう。あと、切断したときのコトも書いています。

 

詳しい材質は分かりませんが、特徴はとても固く重い木です。
土の上に置いた状況と無造作に立てかけていたケースになっています。

 

固く、ずっしりと重たい枕木は風化しても腐らなかった

早速、画像から見てみましょう。

画像の枕木は、それぞれ別の各場所に置いてあったものを集めて来て撮影しています。

 

念の為、購入元を調べたらのメーカーサイトがありました。この枕木が、現在売っている枕木と同じ材質なのかは定かではありませんが、長さ600mmタイプの枕木は1680¥で販売されています。「防腐加工済」とも書いてありました。2018/4現在

 

1.地面に埋め込んだ枕木

これは芝生とコンクリートの間にはさんで地面に埋め込んであった枕木です。取り外しています。

表面は風化して、少しはがれかけている感じです。とはいえ、全然使える状態ですよ。

 

裏返してみましょう。

裏面は土に接触していました。

買った当初は、薄黒っぽかったと記憶していますが、赤っぽくなっています。

 

持ってもズッシリと重いです。まだまだ全然使えます。逆に地面に接している部分は買ったときの形を保っているくらいです。

 

地面に埋め込んだ枕木を開けてみてビックリ。

羽のついた大きなアリが大量にひそんでいます。蜂では?と思うくらいのデカさ。

シロアリではなく巨大なアリです。

「これは虫喰ってるかも?」って思ったけど、まったくの無傷に驚きでした。

ふつう腐敗するのが自然の摂理だし、虫のエサになりそうだからです。

 

2.立てかけて置いた枕木たち

長い方(長さ910mm)はフェンスの基礎(コンクリートの部分)を背にして立てかけていました。北側を背にした面はコケが生えています。

 

よく見ると色の違いがとわかると思いますが、右の茶色い方が下。左の白っぽい方が上にして置きました。

コンクリートによって右側(下にした)が守られている感じなのでしょうか。

 

さっきの地面に埋め込んだ(芝生にはめ込んだ)枕木も考慮すると、枕木って日ざしと雨風に弱いんじゃない?って感じます。

 

ぱっくりと割れています。これも味っていえば味なのでしょうか。

 

廃墟マニアにはたまらない状態かもしれませんね。自然がつくり出す造形美ってところなのでしょう。

 

ホームセンターで買った枕木は固くて切れにくい

わたしは枕木を買ったのは花壇を囲もうとしたからです。でも高さは決めてなく、買って実際に照らし合わせてカットすればいいって考えたからです。

 

丁度、電動ノコギリ(丸ノコ)を借りることができたので、全部真っ二つにして、本数を増やそうと考えて、実際にこの枕木をカットしようとしました。

 

けれど、中々切れない・・

 

結局、電動ノコギリが壊れてしまい、一本分しか半分には出来ませでした。

 

後でプロに聴いたら、「切りにくい時は、機械を休ませて使う」といいそうです。モーターに負荷がかかって焼けてしまうからだった様でした。

 

詳細はわかりませんが使えなくなったのは事実です。どんだけ固いんだって感じです。それが上の2枚の枕木。

 

切った断面はピッカピッカに輝いていたのはハッキリと覚えています。密度はギュッと濃い感じでしたよ。

 

おわりに

とにかくわたしの場合だと「虫食う・腐る」よりも、地面に置いた場合は表面が風化してポロポロはがれる印象です。

 

わたしが買った枕木は決して安くはない買い物です。10本も買えば数万円になる代物です。

 

以前、会社に不用品の木材があったので、それをもらって枕木代わりにした知り合いがいました。

結果、間もなく木は朽ち果ててしまったと言っています。当然の流れでしょう。

 

我が家の枕木は10年持ちました。まだまだイケそうな気がします。

 

もしかしたらメンテナンス(防腐塗料)していれば、もっとイイ状態をキープ出来るかも知れませんね。

 

これが高い買い物なのかは、あなた次第といったところでしょう。

 

オススメ記事
タイトルとURLをコピーしました