ブルーベリーの緑枝挿しに成功。春に鉢増しで育てる

この記事は約5分で読めます。
ブルーベリー挿し木8月〜3月

ブルーベリーの枝を使って、夏に「緑枝挿し」をした結果、無事、翌年の春になり、葉が広がってきた。

  • 8本挿し木
  • 葉が広がった穂木=3本
  • 葉が開きそうな穂木=2本
  • 枝が緑色で小蕾の穂木=1本
  • 枯れた穂木=2本

この様な途中経過。

このままだと根同士ケンカしてしまう。そしてブルーベリーの植え替え時期は3月または11月。

なので、大きなポットに移し替えることにしよう。

▼前回の記事

ブルーベリーの夏挿し木が順調そうなので越冬準備
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ブルーベリー挿し木】8月〜3月のビフォー・アフター

▼まずはブルーベリーを挿し木した前年の8月31日の様子。

気温が下がる8月下旬にブルーベリーを挿し木してみた
8月下旬ブルーベリー挿し木開始

▼続いて同年12月30日。越冬前の様子。

ブルーベリー緑枝挿し12月

▼そして挿し木してから翌春3月14日の様子。

冬の冷気ガードのため、深いプランターの中に入れていた。

やりました!これは成功といえるでしょう。

このままだだと、枝それぞれの根がからまってしまうので、成長にとってよろしくない。

なので1つずつ新居へと移すことにしよう。

葉芽したブルーベリーの穂木の発根を確認

「葉芽(はめ)」とは、成長して葉になる芽のこと。

本日は3月21日。一週間で大分つぼみが開いてきた。

まずは穂木(さし穂)の根の状態を確認してみよう。

ブルーベリー挿し木8月〜3月

▼茶色くなった穂木が2本。

やはりダメだった。

▼以前、部屋で挿し木したときと同じ様に、土に挿した枝先が白くカビている。

【ブルーベリー休眠挿し】失敗の原因は水の与え過ぎと劣悪な条件?

▼続いて、葉芽してない穂木。

こちらも残念ながら発根なし。でも枝の色は緑色を維持しているから生きているはず。

▼最後は、葉芽が開いた3つの穂木。おそらく根は、かなり広がっていると思われる。

なので枝をつまんで引き抜かず、鉢の周りから鉢底の土を盛り上げるイメージで穂木を取ることにした。

想像の通り、細かい根がびっしり張り巡らされていた。ここまで来れば、もう大丈夫なはず。

続いて、鉢増しで穂木を大きく育ててみよう。

寄植えした挿し木ブルーベリーの穂木を4号ポットで個別に栽培

1つの鉢では窮屈なので、わたしは4号ポット(12cm)で育てることにした。

今回も使用する土は、ピートモスと鹿沼土。

今回の挿し木で使った土は、もったいないのでそのまま使うことして、足りない分量を作ることに。

ピートモスは水を吸い込む時間がかかるので、バケツを使って時間短縮。

土の配合割合は適当。わたしは1:1にした。

ちなみに土が足りなくなったので、都度追加している。何でもいいんだよ。

ここに水を入れてから、ピートモスをつかんでギュッと、水を吸わせる様にもみ込む。

前日に用意して置こうと思ったが使う量が分からない。余っても使い道もない。足りないと、結局、継ぎ足すことになる。なのでわたしは当日に用意している。考えるよりも行動優先。

鉢底ネットを水抜き穴の上の敷く。ポットの土漏れと、害虫の侵入防止も兼ねて。

▼コガネムシ対策。

コガネムシ駆除は薬剤だけに頼らない

穂木の根についた土と、ポットの中の土のバランスを考えて穴を開けておく。

わたしは何度か土の出し入れをした。

土を入れたら、軽く押して隙間をなくす。

とりあえず、一旦完了。

緩効性肥料で成長は促進するのか?

このままでもイイと思う。なぜなら肥料なしでも、葉が開いて成長しつつあるからだ。

でも早く大きく成ってほしい。そこでネット検索。

その結果、肥料として「ぼかし肥料」を使うと、成長しやすいとのこと。

ぼかしは無い。ぼかし肥料って何だろう。

米ぬか・油かす・鶏糞などを微生物の力で分解発酵させた肥料だそうだ。

そして、ブルーベリーの成木の追肥として、緩効性肥料の油かすがよく使われている。

丁度、油かすが手元にあったので、それを使ってみることにした。

ぼかし肥料を真似て、固形のままではなく、ハンマーで砕いてから振りかけることに。

水をたっぷり与えて完成。

我が家の映えスポットにて撮影。

2023年の3月は3月とは思えない暖かさ。とはいえ、まだまだ朝は冷え込む季節。

なので冬越で使った、プランターの中に戻すことにした。

続いて、他の2パターンの穂木達も見てみよう。

その他の挿し木したブルーベリー

▼この、底部が網状になった袋で育てた穂木の芽もふくらんできた。なので恐らく発根していると思われる。このまま袋の中で育てることに。

さっき発根してない1本の穂木もここに挿してみた。

▼それと、1本だけ3号ポットに挿した穂木。

つぼみは膨らんで来たものの、この様子だと発根してないと思われる。

こちらは鉢増しせず、比較のため、そのままにして置くことにしよう。

おわりに

追肥につかった油かすが、根を痛めないことを祈るしかない。

▼続きの記事

挿し木ブルーベリー夏挿し。翌春に鉢増しで成長する
スポンサーリンク
よろしかったらシェアして下さい
スポンサーリンク

スポンサーリンク
72ログ
タイトルとURLをコピーしました