レンガで芝生をガードした10年後は2パターンに別れた

この記事は約3分で読めます。

ぬりかべ~

芝生の侵入を防ぐために造った境界から、ついに芝生が領土を拡大してしまいました。けど、まだ守れている部分もあったりします。その違いは何なのでしょうか。

1. 芝生の広がりを止めるなら隙間を造らない

芝生エリアと、植木や花を植えてある場所を区切るため、いまから10年前くらいにレンガで境界を造りました。見た目もオシャレなのはもちろんですが、最大の理由は、芝の侵入を防ぐため。

深く掘った溝にモルタルを流し込み、レンガを縦にして埋めました。なぜなら地上を這う(はう)ランナーは簡単に切れますが、地中深く伸びる芝の根は厄介だからです。

芝の侵入を食い止めよう。うまく管理するには相手を知ることです

先日、芝刈りをしましたが、レンガは角になっていて、どうしても刈り残しになってしまい、今回そこを専用のハサミでチョッキっと切りました。

それで、ある部分をよく見てみると、芝がレンガという壁を乗り越えたのか、潜ったのか分かりませんが、植木エリアにビッシリと生え広がっているところがあったのです。(T_T)

芝生が花壇に侵入した

正に国境越え!(ノ∀`)アチャー

画像の文字通り、下が芝生で上が植栽エリア。道具を使えば取り除ける様な気もします。

では、どこから芝は侵入したのでしょうか。それはレンガと土地の端の隙間からでした。

お隣さんとの境界部(水色の線)とレンガの間に、若干隙間ができていて、そこから根が入り込んでしまったのです。

レンガの大きさと隙間のサイズが合わなくて、そのままにしてました。職人さんなら、隙間に合う様に加工してピッタンコに出来るのでしょうね。

この部分には、ハッキリと区別する物理的な境界線を造らなかったのが、最大の理由だとわたしは考えています。

2. あえて日当たりを悪くすること

もう一つ気づいたことがありまして、それは、「植栽を植えた部分が日除けとなって芝の成長をおさえている」ことです。

まず、わたしの場合、芝や庭木は家の南側に植えています。家の手前から芝生、その先(奥)が植栽エリアの構図。

視点を変えて外から我が家を見ると、植木が一番南側に当たります。そうなると芝生は植木の北側となります。

つまり、日差しは大きく育った植木によって遮られ(さえぎられ)てしまい、植木の足元の芝生は、生育が弱まってしまうのですね。

場所によっては、根は張っているものの、葉はチョロっとしか生えてません。なので、このエリアは芝の侵入は確認できてません。

いま言った芝が生えない場所とは違いますが、下の画像は午前中は東から日が当たるので、南西側より成長はあります。けど、直射日光が当たる、先ほどの場所よりは管理が楽な印象です。

片方の刃が動く、芝生の角をカットする専用のハサミでトリミングしました。

もしかしたらモルタルにヒビが入って、そこから根っこが入り込んだことも考えられるかも知れませんね。

どっちにしても大事なのは、こまめに様子を観てあげることでした。病気と同じで、早期発見が、ポイントになるからです。

おわりに

芝生を広げたくないのなら、侵入経路を絶つことでした。それと日差しが大好きなのも忘れてはいけませんよね。^^;

よろしかったらシェアして下さい
72ログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました