芝生に生えていたクローバーがいつの間にか見当たらない件

この記事は約5分で読めます。

ある除草剤を散布してから気づくとクローバーが見当たらない。

クローバーは消滅したのだろうか?

残念ながらクローバーは生存中。

でも一定の効果はあったので、その辺を記事にしました。

「クローバーの除草に効果あり」と言われる除草剤を散布した

クローバー除草剤アフター
MCPソーダ塩を散布から22日後の芝生

わたしは芝生に毎年群生するクローバーの根絶やしを考え、この年の4月24日に、芝生対応の除草剤(MCPソーダ塩)を散布した。

散布から22日経過(同年5月15日)結果は、一部のクローバーの葉は枯れてきたものの残念ながら、思った様な成果は得られなかった。

なぜ「除草剤」が効かなかったのか。芝生のクローバー根絶やしに失敗

クローバーは同じ場所に毎年生え広がっていく

そしてクローバーに効くといわれる除草剤を散布したことなど、すっかり忘れ、芝生が伸びるたびに何度か芝刈りをした。

夏の時期は雑草の伸びるスピードが早いのもあり、それどころではない。

季節はかわり夏に入り、8月24日、暑い中、いつもの様に芝刈りを決行。

すると芝刈りをする最中、あることにわたしは気づく。それは、クローバーが見当たらないこと。

わたしはクローバーの存在を、すっかり忘れていた。

クローバーは毎年同じ場所に群生しているので、遠くからでもその存在が分かるほど。近づいて確認してみることに。

すると、ちらほら生える程度。間近で確認しないと見えない程度の量。

圧倒的に、以前よりもクローバーは生えてなかった。

見た感じだが、毎年生えていたクローバーの種類とは少しちがい、葉も小さく色も薄い様な気がする。

▼ちなみに、全く同じ場所を撮影した過去のクローバーの様子。

冬の芝生とクローバー
2019/04/24

▼クローバー最盛期の様子。

刈り取ったクローバー

▼刈り込みバサミでの除草作業。除草剤を使えば楽ちんなのにアホな自分。でもその反面健康的!

うざいクローバーを刈込鋏でザックリ!鎌より時短で圧倒的に楽だった

話を戻すと、

前回の芝刈りのときを思い出すと、やはり生えたクローバーを刈り取ったは記憶はない。

もし刈り取ったとしても、今回の様に、まばらだったから印象に残らなかったのだろう。

それだけクローバーは生えてこなかったことを意味する。=薬が効いていた証拠だ。

前々回(7月)の芝刈りときのクローバーについては覚えてない。スマホで撮影した画像集を確認してみたが、写真は無かった。

どっちにしても、今現在の我が家の芝生にはクローバーはほぼ生えてない状態になってくれた。

▼わたしが使う電動草刈機。少し重いけど、雑草も一緒に削除。慣れれば使いやすく時短だ。

もう芝の管理に疲れた・・仕上がりより楽したいなら『草刈り機』を!

なぜクローバーが激減したのか?

クローバーが激減した理由は何なのだろう。

これは間違えなく、4月に散布した「除草剤MCPソーダ塩」が効いたとしか思えない。

なぜなら今までこの農薬を、一度も使ったことがないからだ。

わたしはこの除草剤を4月以降も使ったかどうか?思い出してみたが、使った記憶がない。

除草剤と芝刈りでクローバーの発生を抑えられた?3つの推測

一番可能性が高いのは、薬で枯れたクローバーが再生する前に、刈り取っていたので、成長が抑えられたことだ。

それと、これはあくまで推測ではあるが、

今回つかった除草剤の有効成分である「MCPAナトリウム塩」が土の中に残っていて、時間差で、知らず知らずに効いた?のかも知れない。

もう一つは、植物の成長差によって、競争に勝敗を分ける仕組みも捨てがたい。

クローバーが生え広がる仕組みを推察すると、こうだ。

まず芝生よりもクローバーの方が成長が早いので、芝生よりも背が高くなり芝を日陰にしてしまう。

すると芝生の成長は抑えられ、やがれ枯れていく。

この一連の流れによってクローバーは広がっていく。これは間違えない。

今回クローバーの発生が抑えられたのは、除草剤が効いたからなのだろう。

だがしかし、それと同時に、これまでとは逆に、芝生の成長がクローバーに勝ったことにより、クローバーの成長を抑えらたことも考えられる。

それよりも、クローバーよりイネ科の雑草が多いのが悩み。

我が家の芝生は、生える範囲が広い。芝キープなど適量を定期的にまく資金をケッチた結果がこの有様だ。

「芝除草剤」5月の庭でも間に合ったのか?薬散布12日後の様子

それでも定期的に芝刈りをすれば、何とか見られる程度にはなってくれる。

近くで見るとハゲ坊主だが、遠くから見れば「となりの芝生は青い」状態に見えるかな?

芝刈りから6日後クローバーの様子

今日ブログを書く最中クローバーが気になったので、確認してみることに。

すると小さいながらも生えていた。

芝生が枯れている場所に以前クローバーは生えていた。今回つかった農薬でクローバーが枯れた部分でもある。

とはいえ、これはクローバーの根は生きている証。

当農薬を何度も使えば、葉が生えなくなり、光合成できなければ、やがれ消滅するかも知れない。

なので、こりずにやってみることにしよう。

おわりに

クローバーを根絶やし出来るのか?はわからないが、引き続き、やるだけやってみます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました