シダ植物の鉢上げに葉は不要。根だけでもOK「3鉢で比較」

この記事は約3分で読めます。

根が肝心

庭に植えたシダ植物が増えたので、鉢に植え替えて部屋に飾りたい。

何かポイントやコツはありますか?

というあなたへ。

結論からいうとタイトル通り、

根っこの塊をスコップで掘り起こして、鉢に植え替えるだけも大丈夫。

シダの生命力は凄いです。

3つそれぞれ違う条件で鉢に植え替えました。

その様子を画像で説明します。

▼前回の記事

シダ植物を鉢上げ。部屋を恐竜が住むジュラ紀にしたい

新芽成長レースのWINNERはどれ?

1. 葉っぱ無し。根だけの鉢

▼ビフォー[2021/09/12]

▼9日後の様子[2021/09/23]

茎が2本生えてきましたよ。

▼21日後の様子[2021/10/03]

ダメ元で試験的に植えた根だけの株でしたが、

しっかり新芽が2本も生えました。

これは嬉しい発見です。

他の鉢植えはどうなっているのでしょう。

2. 葉がたくさん生えた鉢

▼ビフォー[2021/09/12]

▼9日後の様子[2021/09/23]

こちらは代わり映えしない感じ。

若干、葉先の色が黄色味かかりました。

▼21日後の様子[2021/10/03]

鉢上げした当初に比べると、

青々としてた葉の色が、薄くなり、葉先が枯れ始めました。

茎の足元を見てみると、

同じ様に新たな芽が4つ出てきましたよ。

つづいて次の鉢も見てみましょう。

3. 葉が少ない鉢

▼ビフォー[2021/09/12]

▼9日後の様子[2021/09/23]

葉っぱの水分がぬけてカラカラです。

けどこの先、どうなるのか分かりません。

他の鉢と同じ環境で育て、水もしっかり与ることにします。

▼21日後の様子[2021/10/03]

葉も茎も完全に枯れました。

でもでも大丈夫。

じゃじゃん!

こちらも同じく、にょきにょきっと1つ新芽が生えました。

何か、こうして見ていくと、葉っぱが成長の妨げになってる気がします。

結論

もし「新芽の成長レース」だとしたら結局、

葉が無い「根だけの株」が勝利の結果となりました。

そして「葉の鮮やかさ」の勝敗も、根だけの株の勝利です。

たった3つの鉢での実験なので何ともいないけど、

葉っぱは重要な条件だとは言えなそうです。

なので結論としては、

根っこだけ掘って鉢上げした方がお後がよろしいようです。

おわりに

表面だけ見ての判断は禁物です。

根はしっかり生きています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました