挿し木シマトネリコ12月11日。屋外と室内の様子

この記事は約2分で読めます。

挿し木したシマトネリコの近況レポートです。

▼前回の記事

シマトネリコの挿し木に適した葉は「少し大人の葉」だった

【屋外】葉が変色した苗。茎だけの苗

この苗を置く場所は家の南側。

葉が枯れ落ちた庭木の下にて栽培している。

なので寒さ対策は全くといっていいほど無防備。

まずは家の外に置いたシマトネリコさん達の画像をみてください。

全体的に葉の色合いが深緑から紫色に変わりつつある。

これはこれでオシャレ色。

こちらの苗は、枯れてしまったのか、それとも葉だけが枯れ落ちたのか?は不明。

試しに緑色の茎を軽く引っ張ってみるとシッカリ土に食い込んでいた。

根っこが生きていることを願うのみ。

【室内】夏と変わらず葉はグリーン

屋外とは打って変わってコチラの苗はわたしの寝室。

この記事を書く本日は12/11日。天気は晴れ。

葉の色合いは夏の頃とほぼ代わり映えなし。

画像の温度計では気温17℃になっているが、ほんの1時間前までの部屋の気温は12℃だった。

そしてついさっき外の苗の撮影様に、この温度計を屋外に持ち出した。そのときに気温が上がっている。気温が下がらない内に撮影した流れ。

私の部屋の最低気温は10℃以下にまだなっていない。

なのでもっと寒くなったら外の苗と同じ様に色が変わるかも知れない。

おわりに

このまま様子を見守っていくことにする。

【シマトネリコ挿し木】水と土だけ2週間後の様子

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました