観葉植物を植えた鉢の周りに黒いぶつぶつ。その正体は?

この記事は約2分で読めます。

床に散りばめられた黒いツブツブは、一体何なのか?

アイビーの鉢植えのそばに黒いタネの様なものが?

わたしはアイビーの鉢植えを、部屋の窓辺の床に置いている。

ツタは鉢から出て床をはう様に伸びていた。

ある日そのツタの周りを見ると、黒ごまよりも小さな黒い粒の集団が、床に散らばっているのを発見。

何だろう?触ってみると、タネの様に硬かった。

アイビーからタネが出るはずがない。もしかしたら虫のフンなのか?

とはいえ当アイビーの鉢はほぼお部屋暮らし。

そういえば以前、二日間くらい、ベランダに出しっぱなしにしたことがあった。

そして以前からアイビーの葉の一部が虫食いの様になり、枯れた葉があって気になっていた。

アイビー虫食い

なので念の為、アイビーの枝葉を裏返し確認してみた。

『エダシャクの幼虫』が枝に擬態(ぎたい)

すると、どうみても違和感がある枝を発見。

居ました。

本当に本物そっくり。

ネットで調べた結果、どうやらシャクガの幼虫らしい。

さっそくベランダに出して虫を取り外してみよう。

ハサミの先で突っついてみると、ウニョっ。

最初はしぶとく枝にしがみついていたが、引っ張るとハサミの先に落ち着いた。

念の為、落ちたシャクガの幼虫をハサミで拾い上げ、ベランダの外へと投げ捨てた。

おわりに

今回、床の色が白っぽいのでフンを見つけることが出来た。

けどもし茶色のフローリングだとしたら気づかなかったと思う。

今後はもっとよく観葉植物の様子をじっくり見ることにしよう。

毎日じっと見る習慣があれば、いち早く変化に気づき、対応できたはず。

最初マジで「これはもしかしたらミニ観葉植物から出たタネかも知れない。タネを蒔いてみようかな?」と考えてしまった(笑い)

けどそんな訳もなくフンだと判明。

仕上げはカーペットローラーで、床に落ちたフンをコロコロしてお掃除。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました