そのストレス解消がストレスの元?「しないこと」を選ぶだけでよかった

この記事は約6分で読めます。

世の中には色んなストレス解消法が出回っています。

ところが、その方法によってストレスから開放されるのは一時だけだったりしますよね。

その行為が癖になるのは楽だからなのは否めません。

「楽=満たされる=解消」になるのでしょうか。

いったい何をどうすれば生きやすくなるのでしょう。

 

一瞬の特効薬で満たされない感情を埋める金遣いについて反省することから始める

そもそもストレスってなんで溜まるのでしょうか。

きっと、自分が進む道に障害があって歩きづいからですよね?

 

  • 「面倒だな」
  • 「イライラするな」
  • 「怖いな」
  • 「疲れるよな」

など、負の感情が湧いても、その感情のまま進まなくちゃならないからストレスは溜まるんだと思うのです。

 

そうなると違和感を紛らわしたくなるのが人情です。ストレス解消の金遣いって、人によってほんと様々。

 

問題なのは、

知りながらやってしまうこと。

 

A 上司や会社の愚痴で盛り上がる飲み会。

「こうするべき論」や「標的を見下す」自分たちが正しい意見の確認集会。バカ騒ぎで酔いしれる。無駄金遣いだと知っている。

 

B 満たされない心を埋める買い物。

自分が持っていないモノを持っている人に勝つために、その人が持っていないモノを持って優越感を味わう。無駄金遣いだと知っている。

 

C 「勝ち負け」という自分では結果を決められないギャンブルへの無駄金遣い。

 

D 自分向きでない仕事だと知っている。金のために我慢をする。その分、思いっきり遊ぶ行為にお金を使ってしまう。

 

わたし自身、いまの会社、いや職業事態、自分向きではないのは本人も自覚しています。そんなわたたしは以前、大量に酒を飲んで現実逃避していました。

 

多くの人は、悩んでいることでしょう。でもこれって、全て一瞬の特効薬ですよね?

 

「持っていないものを気にしていると、持っているものを無駄にしてしまうよ」

ケン・ケイエス・ジュニア

アメリアの自己啓発作家

「もっていない」とは、本来の自分じゃない意味のこと。

 

違和感をうめるために時間やお金を浪費すれば、結局は自分のためにはなりません。それが余計にストレスになってしまうのでしょう。

 

自分の心に正直に生きるといい

ですがもし、その行為が自分の意志で心から楽しんでやっているのなら、いつか身になります。

「楽しんで無駄にした時間は、無駄じゃない」

ジョン・レノン

ビートルズ・Vo,Gu

わたしも馬鹿やって無駄使いした時間とお金は貴重な経験としていま役立ています。もし若気の至りが無かったら、いまバカやっているからです。

 

 

「いまの仕事も好き、でも、もっと自分を高めたい」とか、伏線で目的があってやりたいコトをしているなら、いい循環だと思います。

 

なぜなら、本業のやる気モチベーションにつながるから。

 

目的を達成するための障害とはストレスの質がちがいます。問題をクリアーすることでストレスも解消していくからです。

 

更に、好きなことを頑張った結果、得たものを、また、もう1つの好きなコトへ使えます。1つじゃなきゃダメなことはありませんからね。

 

もう1つの分野を極める行動とは、言いかえれば可能性への挑戦をしている様なもの。将来の投資行為。上手く活かせれば副業にも成り得る時代だからです。

 

ストレス解消行為をした結果「お金が無くなってしまう心配」へとつながるのとは全くの別物。

 

 

「何でこんなコトのためにお金を使ったってしまったのだろう・・」の後悔がまたストレスになっている。

 

そして「現実を忘れるために」再度、同じ快楽をくり返してしまう。そんな自分がキライになる。ストレスになる悪循環といったところでしょう。

 

そうなると、「歩く邪魔をするモノをどうにかしろ」ってことになるはずです。

 

真のストレス解消法は「成りたい自分」に挑戦すること

なぜストレス解消をするための行為をしても、またストレスが溜まるのでしょうね。

 

さっきの話しもそうですが、実はもう1つ大事なことがあります。むしろこっちの方が大事です。

 

本来の自分ではないことにストレスを感じているから。的外れの解消法をしているからです。

 

言いかえれば、望み通りの道を歩いていない。願望が満たされない心の叫びだと思うのです。

 

真のストレス解消法とは、

 

願望実現のための投資を惜しまない思考にチェンジすること

 

願望への投資を惜しめば惜しむほど願望は遠のからです。

 

なりたい自分に近づけるための投資としてお金は使っていく習慣に頭を切り替えれば、そもそもの発端になるストレスを消してくれることでしょう。

 

「ストレス解消方法は存在しない。ストレスを本当になくしたいなら、その原因を解決するしかない」

伊藤隆行TVプロデューサー

名言DB|リーダーたちの名言集

 

さっきの章で言った、一瞬の特効薬をやめる。単なるストレス発散のための習慣をやめる。その浮いたお金を願望達成資金に回すのサイクルをするのです。

 

なぜなら願望に近づくほどにストレスは発散されるし、本当にやりたいコトをやらない限り、ストレスは残り続けてしまうからです。

 

どうせギャンブルをするのなら、願望にかけてみてはどうでしょう。

 

おわりに

わたしの場合ブログをはじめたことが好循環になっています。

 

  1. 読まれるには読まれるためのコトをする
  2. いっぱい書く、本を買う、スキルアップさせる
  3. 書く時間を確保するために、邪魔になるコトをやめる
  4. 残業、晩酌、意味のない繋がりを断捨離
  5. 結果、時短と最適化に成功
  6. ブログが書けるようになる
  7. アクセスが増える。読まれる
  8. 書くモチベーションになる。リターンがある
  9. 会社で活き活き出来る
  10. 寛大になり人間関係がよくなる
  11. 理不尽な状況や、モラハラ人を許せる
  12. 一瞬の特効薬をやる必要がなくなる
  13. ブログを書くための資金に回す
  14. の高サイクル

 

もし結果が出なくても、やるだけやったら悔いはないです。まー現実逃避と言われたらそれまでですが、腐るよりは100倍イイと思っています。

 

昨日まで出来なかったコトが出来る様になった喜びが負の感情を解き放ちリフレッシュしてくれています。

 

一瞬の快楽で表面だけを削り取っても、また満たされない感情が湧いてきて、原因は再生されていしまうでしょう。

 

枝や葉っぱを刈り取っても、根っこが生きている限り、また新芽が生えてくてしまうのと一緒だからです。

 

重要なのは、自分の願望とは何なのか?の問をして、そこに気づくことから始めてみてはどうでしょう。

 

オススメ記事
タイトルとURLをコピーしました