安い通販じゃなく店舗で商品を買うのは全損なのか?

この記事は約3分で読めます。

買い物はネットショッピングの方が価格が安い傾向にある。

そんな中、店舗を利用して本当にお得なのだろうか。

通常ネットショップの方が価格は安い

わたしは以前、地元の家電量販店にてノーパソインナーバックを買った。

それは今この瞬間必要になったからだ。

理由は、作文を書くのに自宅だと集中できなく、気分転換も兼ねて外で書いてみようと閃いて、

持ち運ぶ際にPCを落としたり傷がつくことが心配になったので、何か入れ物が欲しいと考えたからだ。

その店舗で買った値段は2,382円。

レシート代わりにアプリに記録

一応ネットでそれらしき商品の価格を調べておいたけど、価格を正確に記憶してはいなかった。

「まぁこんなもんだろう・・」そう思って購入。

その足でさっそく運動公園のパーキングにて作文やブログ記事を書くことが出来た。

帰宅後、買った商品価格が気になったので通販サイトで調べてみた。

すると値段は1773円。何とその店舗との差額は609円。

当時のAmazon価格

これにはさすがにがっかりと言うよりも残念に思えた。

そしてわたしはもう、家電量販店で高額な白物家電以外の小物に関して買うのをやめようと考えてしまった。

理由は他にもある。先日セラミックファンヒーターをネット買った件。

ネットで購入する前にこの店舗にも偵察に来ていて、そのとき同じメーカーの類似品が4000円近く高かったことを後で知ったからだ。

「これは情弱者詐欺だ」ネットに弱い年配者を食い物にしている。と思ってしまった。

確かに必要なその時に直ぐに手にできるのが店舗の魅力だ。商品の説明や保証やポイントなどメリットはたくさんある。

けど、ネット価格が6千円くらいの商品が 1万円では詐欺ってるとしかこの時点では思えなかった。

そもそもお店の価格事態が値引きされていた

ところが当記事を書く際にメーカー希望価格を調べてみた。

すると今回買ったノーパソケースの定価は4,466円(税込)。

定価エレコム

家電量販店よりも2,082円も値引きされていた。

つまり本来よりも安く買うことが出来ていたと言うわけだ。

そしてわたしは欲しいと思うタイミングに当商品を手にしたことで、PCが壊れたり傷がつく可能性を下げられ安心感もゲット出来た。

そして作文の完成にも一役買っている。

次にまた外でノーパソライフをしたくなった時にも直ぐ行動に移せる。

価格以外の価値を手にすることが出来たのだ。

欲しいと思った時が買い時

そしてバースデープレゼントも同じだ。

誕生日を過ぎてしまったらその価値は下がってしまうことだろう。

買い物とは、安く買うだけが脳じゃない。

消費者それぞれのベネフィット(恩恵)が満たされれば正解だと思う。

「安い物を買ったりポイントがたくさん付く方が賢い」という競争に巻き込まれず、惑わされない様にしたい。

今回のわたしの様に、今直ぐ手にしたい。宅配されるまで待てないという人は、リアル店舗で欲しい物を買うのも有りだと思う。

「それを買いたい時が買い時」って言葉がある。

準備も大事だけど勢いも大事だ。

おわりに

納得して買うこと。自分の思いを満たす買い方が正解だとわたしは思います。

もし買って後悔したら、次に活かせばいいだけのこと。

行動して軌道修正を繰り返すことで、買い物上手に近づける気がします。

自宅でブログ書けないなら「集中できる環境」へ移動する
国語40点だった私が広報で「誰かへ贈る作文」を書く〜9の心得

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました