【Google Discover】スマホのネットにうざい情報を表示させない

この記事は約4分で読めます。

取捨選択

興味関心が無くなった、最初から、さほど興味の無いサイトが表示されるのってウザイですよね。

どうにかならないか、と思い、Googleディスカバーをいじったら、それらしき設定を見つけました。

その正体は『Google Discover』の学習機能によるものです

◼Googleディスカバーとは?

AndroidスマホではGoogleアプリ(ネット観覧するときに使うプラウザ)を、いちいち開かなくても、スマホの画面を横や縦にスクロールするだけでネットが表示される。この仕組みがGoogleディスカバーです。

◼なぜ自分の興味関心事が分かるのか?は学習機能によるもの

Googleディスカバーは、自分が検索したワードや、表示されたトピックを開くなどを元に、興味関心事を学習します。結果、そのトピックに関係あるニュースが表示され続くことになるのです。

いま正に関心があるのなら、「こんな情報もあったのね!」と思うかも知れませんが、もう興味が無くなった話題や、何気に観覧してしまったコンテンツが、事あるたびに表示されてはウザイかったりもします。

記録された特定の『ワード』を消去することができます。

『Google Discover』の設定で検索ワードを消去する

◼1)Google Discoverの場合

Googleディスカバーを表示

  • Google Discoverを表示する
  • 右上の丸いアカウント部をクリックする

 

◼2)Google検索BOXの場合

検索ボックス

  • Google検索ボックスの場合は、左側の「G」マークをクリックする

 

設定

  1. Google Discover=「設定」を開く
  2. Google検索ボック=「その他」を開く

 

興味、関心

  • 「興味、関心」を開く

 

興味、関心2

  • 「興味関心」を更に開く

 

興味関心は「非表示・フォロー」できる

非表示・フォロー

  • 左の丸(/)をクリック=非表示にする=(ー)
  • 右の丸(+)をクリック=フォローする=(✓)

 

非表示したワードは戻せる

  • 「←興味、関心」に戻る
  • 「非表示に設定済み」をクリックする

非表示にしたワード

  • 右の赤丸をクリックすると、興味関心に復元される

お疲れさまでした。以上で、GoogleDiscoverのカスタマイズの終了です。

興味関心ワード、全てを消すのは容易じゃない

「興味、関心」を一度に表示できる数は限られてます。「これでやっと消せた」と思っても、まだまだワードは残されています。

  1. 「興味関心」の画面にずらっと表示されたワードを選んで消す
  2. 一度、画面をバックさせ「興味関心・非表示に設定済み」の画面に戻す
  3. 再度、興味関心のワードがずらっと表示される画面に戻す
  4. すると、過去のワードが新たに下から出てくる

わたしはこの一連の手順を何度も繰り返しましたが、消しても消してもワードが出てきます。きりがないとはことのことです。

わたしがいままで検索したワードは何十・何百?あったのか分かりません。なので諦めました。

◼今からできること

なので、自分が興味関心を持ったことをGoogleDiscoverに表示されたくない、と思ったら、都度、興味関心ワードを消す様にするしか無いでしょう。

おわりに

情報を取捨選択するために、GoogleDiscoverを自分仕様にカスタマイズして、便利に使いたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました