新型コロナウィルスで休校期にDVDレンタルってどうなの?

この記事は約2分で読めます。

一か八か


政府は新型コロナウィルスへの対策として小中学校の臨時休校を要請しました。

もしかすると子供達は家で暇人です。そうなるとレンタルDVDとかを利用することを考える人もいることでしょう。

わたしは一足早く、感染リスクのあるこの時期にツタヤでDVDをレンタルしちゃいました。なので自分にも出来ることをやりました。

風邪菌が死滅するであろう期間は触らない様にした

ツタヤ半額クーポン

新型コロナウィルスが広まりつつあるこの時期に、感染の可能性があるDVDを借りるのは結構なリスクです。少しだけ迷いましたが半額クーポンに釣られてしまいました。

やはり菌の感染が気になります。そこで思い出したのが、菌の生存期間です。

今回の新型コロナウィルスについては分かりませんが、インフルエンザウィルス菌が体外にある時に当てはめて考えてみると、

  • 凸凹の少ない表面では24〜48時間
  • 衣類や紙のように凸凹の多い表面では8〜12時間
  • 空気中だと2〜8時間。乾燥していれば24時間以上生存

今回の場合、

  • DVD(ケース)=24〜48時間
  • DVDの入れ物は衣類=8〜12時間

テレビやネットでも最大48時間と言っています。

なので、DVDを借りてきてから2日間、観ない!触れない!子供に触れさせない!対策をとりました。

わたしは部屋に持ち込んでしまいましたが、もし心配な人は下駄箱や車のトランクなど別の場所に一時仮置し、時間がたってから触る対策がより完璧かと思います。

わたしは少し前までDVDをレンタルするときは子供と一緒に行ってましがが、実は最近息子が反抗期になってしまった様で、わたし一人にて行って来ました。

息子も学校の宿題や塾通いで生活スタイルが一変し中々時間がとれません。なのでDVDを借りてきてから3日たった今現在一本も作品を観てません。多分、日曜日の楽しみにしていると思います。

まだ直接レンタル品に触れてないので、わたしが媒介人では無い限り、感染については多分大丈夫かと思ってます。もしかしたら、バカ親かも知れませんね。(;´Д`)

おわりに

作品を見る手段はレンタルショップだけではありません。ネット配信型とかも増えています。これを期に、考えてみるのもイイかも知れませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました