悩みから開放されるためには自己開示するだけでいい

この記事は約4分で読めます。

悩みや不安で生きづらい日を送るほどつまらないことはない。

今すぐその悩みを消すには、分かる人に教えてもらうことも有効だ。

▼前回の記事

苦手の不安から開放されるには「出来る様になること」

困ったときは素直に負けを認めてみる

自分一人じゃ分からないことはあるものだ。

いくら調べても分からない。

そしてそれを解決してくれる人を自分は知っている。

でも色々と思うことがあって頼れないことはあるものだ。

それは、自分にとってデメリットだと考えてしまうからだと思う。

たとえば、自分が馬鹿だと思われてしまうこと。

もしその相手とずっと一緒に居る間柄なら気が重い。

あるいは、敵対関係にある理由から、自分の弱点をさらしたくない。

もしくは、サラリーマンだとしたら昇進に響く恐れもある。

けど、それはそれ、これはこれ。そう考えた方が悩まないで済む。

まず考えてほしいのは、

これらの自分が抱いた考えとは、あくはで自分の中だけの話

つまり戦っているのは相手じゃなく、自分の妄想だということに気づくと、気持ちはかなり楽になるはずだ。

もし自分の妄想が真実だとしても、受け止めるのはあくまで自分自身で決めることが出来る。

だったらまずはネガティブな先読みはしないこと。

自分の中の勝ち負けという戦いから離れ、試合放棄すれば悩みは半減する。

ありのままの自分を認める

そして、いざ、自分が誰かに何かを教えてもらう機会が来たとき大事にしたいマインドがある。

それは、「どうせ自分はバカなんだしという開き直り。

いままであなたが抱いていた自己イメージを捨ててしまうと気が楽になるから不思議。

自分。今更カッコつけてとうするの?」と心に言い聞かせてみよう。

バカが利口なふりしても出来る様にはならない。そう考えてみる。

利口になるには学びが必須。

金が無いのにあるふりしても金持ちにはなれない。

金が無いのに高級車やブランド物を身にまとったら更に貧乏になるだけ。

「いや、自分はブランド品しか着ません」

そう考えるなら、それもいい。

けどそやって嘘の自分を演じても現実は何も変わらない。

それどころか益々状況は悪化する一方。

でも背伸びした自分より、素の自分。ありのままの自分で居れたら、そこからスタート地点に立つことが出来る。

一歩ずつ自分のレベルを上げていく

「自分はこのままでも良いや」そう思った時点で成長は止まる。

確かにそれも幸せの形なのかも知れない。

「足るを知る者は富む」という言葉もある。

ただ、それは欲深いプラスアルファー的な場合だとわたしは考えている。

出来ないとはマイナス。マイナスからゼロに向かって歩むことは欲深いことでは無い。

出来ないことで不安になるなら、まずは、安心を目指してもいい。

何で分からないことを有耶無耶(うやむや)にしてきたのだろう。

誰かに聞くのが恥ずかしいこともあるだろうが、それはの裏には、

「バカだと思われたくない」というプライドや見栄が隠れていることもあったりする。

本当に馬鹿にされたくないなら、誰かに教わるその機会を教訓として、

少しでも良いから今までの自分よりもレベルを上げてみるしかない。

もし今の一瞬の誰かに聞く恥を、後になって振り返ったとしたら、きっとこう思うだろう、

「あぁ、あの時教わっておいてよかったな」と、

比べるのは「デキル他人」じゃなく、あくまで昨日までの自分。

出来る人だって、最初は無知だった。

出来る様になったのは、その件についてコツコツやってきたからだ。

出来ないことは出来る人から学ぶ。やり方をコピーする。

そこからオリジナルを開拓していこう。

それでも分からないなら、分からないなりの在り方を、分かる人に相談すればいい。

一人で悩んでも何も始まらない。

かっこいい人生を送るには、カッコ悪いを先取り

先日わたしは実際に、分からないことを分かる人に頭を下げて教わった。

結果、あっさり解決。それはもう、何とも清々しい気分。

悩みがあったことが本当に嘘のよう。

わたしの場合、会社の上層部の役員の人に直接、教わったので汗水たらたら。

馬鹿だと思われる妄想。自分との格闘から来る反応。

相手の負担になっているかと謝りながら教わった。

けど相手からすると、「分からないままだと後で仕事が増えるから困る。またいつでも訪ねて来てね」と言ってくれた。

バカが利口になるには、分かるまでやり続けるしかない。

カッコつけない生き方は、精神的にすごく楽なことを思い出した。

カッコつけてると最後にはかっこ悪くなる。

最初にカッコ悪い生き方をすれば、後でかっこよく生きられる。

そしてその件をマスターしたら今度は、あなたが誰かに教えてあげよう。

おわりに

分からないことで悩むくらいなら、素直に分かる人に教えてもらうと道は開ける。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました