セラミックファンヒーターの「あの爆音」は初動20分だけだった件

この記事は約3分で読めます。

受験生の足元を温める目的で買った当セラミックファンヒーター。

買ってから実際に作動させてみたら、その音の大きさにがっかり。

我が子に与えたら、暖房を使うほど寒くないとのことで、使おうとしなかった。

せっかくなのでわたしが実際につかってみた感想の内容です。

▼前回の記事

「受験生の足元冷え対策」で買ってしくじった暖房器具

「うるさくて使えない!」と思いきや、そうでもない

受験生の我が子用に当セラミックファンヒーターを買いました。

先日の記事で書いた様に、そのファーストインプレッションは、

「この買物は失敗だ・・」だった。

箱から当商品を取り出してプラグをコンセントに差し込んでスイッチをオン。その音の大きさに驚いたからだ。

息子は使ってない様子。コンセントからプラグは外され、ぽつんと置かれた当商品。ニオイも気になる。

「実際に自分で使って体験してみないと本当の評価はできないのではないか?」

「何日か作動させればニオイは消えるかも知れない」

そう考えて、使ってみることにした。

この記事を書くいま正に当商品をつかってブログを書いている。

確かにうるさいのは間違えない。

ところが意外と記事を書くことに専念出来ている。

シーーンと静まり返るよりも、なぜか集中している自分。

そして当商品を作動させて最初に思ったのは、

やっぱりエアコンや石油スーブと違って温かい風が出るのが速いこと。

わたしは机にパソコン、イスに座ってブログを書いている。

いま当商品を足の間近に置いて、足元へ向けて使っている。

日時は2022/01/09・時間10:30・室温10℃。

エアコン無しだと足元はかなり冷えてしまう環境だ。

けどいま部屋着だけでも全然平気なほど過ごすことが出来ている。

まだ当商品に意識を向ければ音は気になるし、多少ニオイはするのは事実だ。

でもいまのわたしがブログを書く部屋の環境や、お財布事情などを考えると、

「これも悪くない。返品するよりは使っていこう」そう思える様になった。

だから、もしかしたら、わたしと同じ様に家族も考えて、使うことも考えられる。

ん?

・・・

いま使いはじめて20分くらい経過した。

あのうるさい空気音が消えて静かになり始めた!!

大丈夫だ。これなら使ってくれるかも知れないぞ。

石油ファンヒーターの音量に近いかなぁ。この程度なら許容範囲だ。

音の正体はフィルターの吸音

試しに当商品の背面にある空気を吸い込むフィルター部分を手のひらを当ててみた。

すると音がかなり静かに収まった。

間違えなく吸音がうるさかったみたいです。

それでもたまにだが「ビ〜〜」というギターをダウンチューニングした時の様なビビリ音がすることもある。

そしてニオイも使っている内に順応したのか、消臭されたのかは分からないが、気にならないレベルに成ってきた。

そして足元をスポットで暖めてくれるのは本当にありがたい。

エアコンでいくら室温が上がっても、どうしても足元は冷えていたからだ。

ちなみに、最後に電源を切ってみたら「ピーーーー」という耳鳴りがした。

ということは音が大きかった証拠だ。少し距離をとって置いた方がいいかも知れない。

それでもこの値段でこの機能なら、十分に役割は果たしていると言える。

早速このことを我が子に伝えよう。

もし気になる様なら、キッチンで料理をする妻の足元用に使ってもらえるかも知れないしね。

おわりに

この記事を書くのに最後まで当商品を使いましたが、ストレスなく書き終わることが出来ました。

使える商品で本当によかったです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました