オートバックスで軽車タイヤ交換した値段が知りたい!初来店

この記事は約3分で読めます。
タイヤ交換費用

行けば分かる

タイヤ代は分かっても工賃は謎ですよね。「工賃◯◯円~」この「~」っていくらかかるのか。いざ総費用を見積もってもらうと想定外はよくある話。

イエローハットにするか迷いましたが、ネットによると「店舗によって価格が違う」というので、オートバックスを選びました。

タイヤ価格以外にかかる総費用は?

オートバックスタイヤ交換費

タイヤ代を引いた価格は¥7,480(税10%)でした。(2020/7現時点)

■工賃の内訳

✓ スチール+タイヤ交換工賃

  • 1本=1100円 ✕ 4本=4,400円(税10%)

✓ 夏タイヤ処分料

  • 1本=385円 ✕ 4本=1,540円(税10%)

✓ タイヤゴムバルブ交換工賃

  • 1本=385円 ✕ 4本=1,540円(税10%)

✓ そこにタイヤ代をプラスしたのが最終価格

ちなみにわたしは、1本3,289円 ✕ 4本=13,156円のタイヤを買ったので、トータル20,363円(税10%)となりました。(14インチ夏タイヤ)

スチール+タイヤ交換とありますが、わたしはアルミホィールでした。

タイヤ交換工賃とは?

オートバックスタイヤ交換価格

タイヤ処分料とバルブ交換費は分かっても、「タイヤ交換」「組み換え」「脱着」など、色々あってよく分かりませんよね。

わたしの行った店舗では、タイヤ交換費の中に、車体からタイヤ取り付け取り外し(脱着)と、ホィールから古いタイヤを外し、新しいタイヤを取り付ける(組み換え)作業がふくまれていました。

もしかしたら、それぞれ工賃が発生するのか疑問でしたが、全部ひっくるめて1本1,100円だったのです。

タイヤ交換の流れ。タイヤ選び~店を出るまで

オートバックス ポイントカード

■購入からお店を出るまでを箇条書きにして説明します。(わたしの場合)

タイヤを選ぶ

・まず、どのタイヤにするか?選ぶ

・そのタイヤについての情報を知りたい。またはタイヤに迷ったら店員にたずねる

・最終価格を聞くと、全部ひっくるめて、いくら掛かるのか?を計算してくれる

・タイヤが決まると店員さんが、そのタイヤ1つを持ってレジに案内してくれる

会計

・レジで会計をする

・会計のとき、新規だとポイントカードを作るかどうか?聞かれる

・作業指示書らしき紙に、住所・氏名・生年月日・TELなどを記入する(ポイントカード無しでの時も記入するのかは不明)

タイヤ交換

・自分で運転してピットに車庫入れする

・何か要望があれば作業者に伝えておく

・待合室でタイヤ交換を待つ。(わたしは15分もかかってないと思います)

・「お呼び出し番号」を作業者に呼ばれる(レシートに有り)

・ピットに着くと、ナットのしめつけをタイヤ1本1本確認して回る

・自分で運転してピットから出て終わり

こんな感じでした。

タイヤは4本だけじゃない!

その車を永く乗っている、または中古で年式が古い場合、スペアタイヤの空気圧を確認してもらいましょう。いざというとき安心です。

通常スペアタイヤはサイズが他よりも小さいので、スペアタイヤ1本に重心が傾き車の荷重がかかるので、空気圧が甘いとぺしゃんこになるからです。

おわりに

タイヤ交換について、「どこが」「どうすることが」お得なのか?色々あることでしょう。

わたしは普段、地元展開するタイヤショップを利用してましたが、ちょっと遠いのもあり、今回試しに有名店を利用することにしました。

自分で試して出た答えが真実です。迷ってるなら、そのやり方に挑戦です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました