【オクラ栽培】タネまき~実る期間はどのくらい?

この記事は約3分で読めます。
オクラの花

あせらない

オクラ栽培で失敗しないコツは、冷気にさらさないこと。なぜなら原産国がアフリカ・インドだからです。

わたしの経験上、「冬に逆戻り」な気候に遭遇してしまうと苗は台無しです。特に遅霜には注意。なので畑に直播栽培をするなら5月下旬がおすすめ。

タネまきから収穫までを画像で見てみましょう。

初収穫は2ヶ月後。5月28日~7月29日

5月28日

▼オクラのタネを一昼夜、水にひたしてからまきました。芽が出るまでTシャツで保湿しています。

【家庭菜園】タネまき始めは土の潤いが大事!不織布の代用品で対応した

5月29日

布をペラっとめくると、前日にまいた種は翌日には目が出ています。

この年、この季節の気候は暑かった。なのでもうしばらく、布をかけて保水しています。それと鳥が若い新芽を食べるかも?と思ったのもその理由です。

6月1日

タネまきから5日後。布はもっこりしてきました。布をめくると、立派な双葉がニョキと元気に育ってます。

土がカラカラになるのがちょっと不安でしたが、芽の成長を優先しました。

▼刈り取った芝草を使えば土の保湿ができます。

【オクラ栽培】一度挫折した家庭菜園の再開で考えたい理念

6月6日

いよいよ双葉が大きくなってきます。まだ茎がおぼつかない状態です。

6月10日

こちらは、まったく耕してないエリアにまいたタネです。草刈りのときに、間違って何本かぬいてしまいました。これで育てば「マルチシート意味ないじゃん」ってなります。

▼追肥は液体肥料を使ってます。

【家庭菜園】梅雨の時期ナスの葉の色が薄く黄色く枯れた葉もある

6月15日

双葉の後から次々と葉が生まれてきます。苗の成長のために株元に生えた雑草を、気づいたら取りました。

7月8日

タネまきから1ヶ月いじょう経過。結構葉っぱが虫食いにやられたり、病気なのか枯れた葉っぱもありました。でもここまでくれば、まず大丈夫でしょう。

7月18日

すでに花の蕾(つぼみ)ができています。つぼみの右上には、花が先終え小さな実ができています。

こっちは野生児のオクラ達。ちょっとひ弱な印象です。

7月18日

最盛期のように次々にとは行きませんが、ちらほら花が咲くようになりました。

7月29日

やっと食べられるサイズになりました。

真夏なら、朝、小ぶりでも翌日には大きくなり過ぎるくらいです。長梅雨のせいか「今年の成長は少し遅い」のが印象的です。

オクラは8月に間に合えば良し!

今回、タネまきから収穫までにかかった日数は2ヶ月。

オクラは寒さに弱い野菜です。ホームセンターなどで売られる時期に合わせて種まきをするには、冷害に合わない対策が必要です。

以前わたしは、まだ寒さが残る早春のころミニビニールハウスを作り、そこでポットに種をまき、苗を育て、それから地植えをしてました。

けど、植え替え作業やら、色々と理由もあり、種は畑に直まきする様になりました。

そしてわたしの場合、身体がオクラを欲するのは夏本番の梅雨明けです。なので寒さが完全になくなる5月下旬にタネまきをすれば、8月には間に合うという算段です。

おわりに

オクラを食べて、夏に負けない身体をつくりましょう。

オクラはどこまで食えるのか?余すことなく使う

コメント

タイトルとURLをコピーしました