大事な物を紛失してドタバタした日[2021/12/16]

この記事は約3分で読めます。

今日わたしは大事な物が無いことに気づいた。

その物が何か?を詳しく話すことはできないが、例えると、

会社で発行しているカードのこと。

そのカードを使うと自社系列の、とあるサービスを利用することが出来る。

しかも他よりも安く、使い勝手がいい。

一番のメリットは、給料から使った分だけ天引きされる仕組み。

それまでは、お小遣いを今よりも多くもらって、そのお金で、他社のサービスを利用するスタイルだった。

本当に便利。24時間利用できるし、店員との面倒なやり取りや、一般客も居ないので時短。気づかれもない。

そのカードを失くしてしまったという分け。

いつも持ち歩く小銭入れに入れたはずなのに入ってない。

失くすなんて考えられない。

もし拾った人が悪用したら大変。

クレジットカードを失くしたら、即、カード会社に利用停止の電話をするのが基本。

とはえい、この紛失したカードとは、

どこで使えるのか?どうやって使うのか?

このカードの利用法を知る人しか使うことはできない。

しかも監視カメラも作動しているので、捜査すれば捕まえることも可能。

一瞬慌てたが、まずは、家に帰って、お出かけ用のショルダーバッグやら、心当たりを探してから、カード停止してもらうほうがいいと考えた。

しかしそこには無かった。

そのカードを使った後、車のサイドシートに置くことがある。

というのも、そのカードを利用する場所に、他の社員が列を作ることがあり、後ろの人に気を使って、早く車を出そうとするからだ。

なのでもしかしたら、車の座席の下辺りに落ちてるかも?と考えて探してみた。

でも見つからない。

どうするか?

とりあえず頼りは会社のトップの方の管理職の人。

直接電話すれば対応してくれることだろう。

久々に電話したら、番号が変わっていてつながらない。

時刻はまだ5時前。会社の事務所に誰かは居ることだろう。

しかし会社には色んなタイプの管理職が居る。

「このカードを紛失したら再発行はされない」と小耳にはさんだことを思い出した。

話が分かるトップの方の若い管理職の人に話した方がいいと思った。

それに「だらしないヤツ」と思われたくない。保身に走っている自分もいる。

やってしまったことは仕方ない。まずは冷静になろう。

そう思って筋トレでリフレッシュ。

よくよく考えたら、前回そのカードを使ったのは2週間くらい前のこと。

さっきも書いたけど、そのカードを誰かが使えば給料日に分かる。

今月わたしは一度も使ってない。

車のナンバーがバッチリ映る位置に監視カメラもある。

失ったお金は帰ってこないかもしれない。

もしその使われてしまった金額を払えなかったら、月払で返してもいける。

それに、実際使われてしまい事件になれば、会社の管理体制も問いただされると思う。

実際セキュリティは甘い。全額自腹とはならない気もする。

いま騒ごうが、明日騒ごうが大差ないと考えた。

で、一応ブログ書きなので、事件になればネタにもなる。

失敗から学ぶしかない。

もしこのカードを再発行されるとしたら、次はしっかりと管理しようと反省もした。

やはり、こんな大事な物を失くす様な人間にカードを渡すわけにはいかない。

と考える会社こそが正しいとも思える。

わたしは物忘れの癖があるので、辞退する方が自分にとっても会社にとっても賢明なのかも知れないな。

おわりに

そうはいっても、内心はハラハラだ。

こんな思いをするくらいなら、カードを作らない方がいいかも知れない。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました