お小遣いは貯金せず「今」に投資する

この記事は約4分で読めます。
使え

あの地獄の1年間月3000円生活も終わって3ヶ月経過。

貯金を止めてお小遣いをどんどん使っていくことにした。

お小遣いは「使うべき部分に」使っていくことに

わたしは約1年間、月のお小遣いを実質3000円でやりくりしてきた。

理由は、お酒を止める手段として定期預金をしたから。

月の小遣い1万5千円から預金1万円を引き、2千円をタンス預金。余った額が3千円というわけ。

もしこのままローンが終わる何十年も先まで毎月1万円を積立たとしたら数百万貯まることだろう。

けど数百万なんて、使ったらあっという間。

「この数百万があって助かったよ」というよりも、

「こんなことのために何十年も日々やりたいことを我慢してきたのか・・」

きっとがっかりを通り越し、自分がやりたかったこと、成れたかも知れない自分に思いにふけ、

言葉には表現できない心境になると想像してしまう自分が居る。

なぜそんな未来を想像してしまうのかというと、いままでの半生がそうだったから。

「もしこれをやり遂げたら自分へのご褒美としてこれを買おう」

そう決めていざその時になると買わなかった。

もったいないとかケチとかじゃなく、自分が幸せになることを恐れる気持ちだと思う。

いつも誰かに気を使う人生だった。

自分が他人よりも幸せになることを回避する習性。見えない何かに支配されていたのだろう。

結局、何に使ったのか分からない使途不明金となる。

そして貯まってから買う発想だと、いざお金が貯まったときには熱が冷めてしまうこともあった。

そうなると、「どうせ飽きるから」という風な寂しい考え方に成り下がる始末。

そして挑戦しないことで失敗しない道を無意識に選んでいたと思う。

そんな自分が、この1年でガラリと考え方は変わりだした。

断酒と筋トレとブログは最高の組み合わせ

そして本題の「使うべき部分」といってもたくさんあるけど、

大きなビジョンはさて置いて、目先でいうと、庭の手入れの最適化。

これは労働と時間短縮することで、「ヤりたい事」や「やるべきタスク」に時間を回すことが出来る。

そのためにお金を使う。言い換えれば投資。

空いた時間に好きな事をする。それもまたブログに書ける。

そしてネット活動を円滑にするためのあらゆる物をそろえる。

その手始めとして今月ハイスペックなパソコンを買い替えた。

これによってパソコンの動きがかなり高速化。大幅な時短に。

同時に、いままでのPCの遅い動作によるストレスも減った。

これは本当に感動モノ。

この一歩によって次に欲しい物が生まれ、無駄遣いなどしたくない気持ちが強化されることに。

こういう部分にお金が使える様になったのは断酒のお陰でもある。

もし断酒する前のわたしだとしたらきっと、

お酒を買うお金を惜しんで、使いづらいPCにイライラしながら進歩のない日々を送っていたことだろう。

でもいまはちがう。

上手くいくか分からないけど、色々とチャレンジ試行錯誤することが出来るようになった。

何かをやり始めても上手くいかないことの方が多いと思う。

そんな時でも、また次にチャレンジできるのは資金があるから、

断酒によって思考も洗練されチャレンジ精神を維持できているから、

そんな精神を維持できているのは筋トレをしてるからだ。

そして「ちゃんとしなくては」という底力のベースは家族の存在。

もしわたしが独り身だったり、わたしが誰かに養ってもらう立場だとしたら、間違えなく断酒は無理だったことだろう。

なぜなら悲しむのは自分だけだし、働くための身体を維持する必要がないからだ。

断酒と筋トレとビジョンとお金の連携作用。

なので遠い未来のための数百万よりも、いまある資金を元手に今を生きることにしたい。

断酒・筋トレ・食事制限・読書(健全な思考の学び)を続ければ、心身共に健康で居られると思う。

健康で居られたら、医療費もかからないし、何をしても食っていけると思う。

将来の数百万という金額は変わらることはない。

けど今使うお金の使い方によっては何かに化ける可能性はある。

そんな未来を思い描きながら生きるのも悪くないよね。

おわりに

お金の勉強は続く。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました