切った生大根を天日干し。乾くのは何日?

この記事は約3分で読めます。
おろ抜き大根

切り干し大根

  • 一から自家製の切り干し大根を作りたい
  • 千切りにして天日干しにすると何日で乾くの?

と知りたい人へ。

結論から言いますと、実際、短冊切りですが干した結果。10日でカラッからになりました。なので千切りなら7日も干せば十分です。

実際に乾燥していく過程を画像で說明します。

形悪しサイズ小ぶりなら切り干し大根で食べるべし

天日干し用に大根を切る【2020/11/13】

切り干し大根を作る

画像は、家庭菜園で収穫したおろ抜き大根。

形やサイズは不揃いですが、調理すれば問題なし。

▼大根の葉は食べられます。

間引き大根は捨てないで!食感シャキシャキで飯に合う

切り方はお好みで

切り干し大根というと、細いイメージですが、料理の用途に応じて、お好みにカット。

わたしはこの時点で切り干し大根にするつもりはなく、ただ切って「塩漬け」か、「サラダ」とかにしようと考えてました。

とりあえず短冊切りに。

ちなみに、大根の根本部分は辛いのでサラダには向きません。

ザルや新聞紙に乗せる

切った大根を干すとき、下に敷く物がこの小さなザルしか見当たらなかったので、これを使うことに。

初の天日干しということで、実験も兼ねてこの量を干すことに。

  • 場所は南向きの日当たり良好な場所
  • 縁側的な場所
  • 秋晴れが続く日

天日干し3日目

早くも水分がぬけて「イカの乾き物」っぽくなってます。

触ると、まだ水っぽい。

下になった大根を上にしたり、均等に乾く様にいじりました。

天日干し4日目

4日目になると、見た目はあの切り干し大根そのものに見えますが、まだ何となく触乾ききってない印象です。

天日干し6日目

6日経ちましたが、昨日と同じく、まだ完全に乾ききってませんね。

もうこの時点なら切り干し大根料理を作れるレベルだと思いますが、保管するには、もう少し乾燥た方が消費期限が伸びそうです。

天日干し7日目

室内にて撮影。

ここまで来ると、かなり水分が抜けてきました。

保存するとなると、何となく心配なので、もう少し干すことにします。

腐ったりカビたりしたら嫌ですからね。

ザル一杯に広げた切った大根。集めてみるとこれっぽっち。

あともう少し天日干しすることにします。

強風の日は要注意

天日干し10日目

風が強い日」「雨が降る日」は家にしまうか、飛ばされない処置を。雨に当たらない工夫をする様にする。

わたしは「もう少し天日干しを」と考えて外に置きましたが、雨や強風にさらされて、ザルごと飛ばされてしまいました。(T_T)

上の画像は落ちた切り干し大根の様子です。

触ると100%カラッから。

もう完全に切り干し大根。

ちょっとした凶器に使えそうなくらい尖ってます。

もったいないので、拾い集めて取りあえず保存して置くことに。

水で戻す時点で洗います。問題ないでしょう。(*´ω`*)

おわりに

大根の実態のほとんどが水分だということが解りました。

料理によって切るサイズを変えられるのが、自家製切り干し大根の醍醐味です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました