塩ラーメンを一瞬で「あっさり豚骨風」に変える技

この記事は約3分で読めます。

牛乳ラーメン

即席麺の塩ラーメンに牛乳を入れると、滑らかでコクのあるスープに変わります。

その手順とポイントや雑学も交えてお伝えします。

牛乳ラーメンはマジで美味かった

面をゆでる

鍋をつかって普段通りに麺をゆでましょう。

いつもと違う手順に戸惑ってもいいように、麺のゆで時間を短くするといいかもです。

牛乳を温める

お好みで牛乳を温めて置きます。

熱々が好きな人は、ラーメンが出来ると同時に温め終わる様に逆算して温めてください。

今回わたしが使った牛乳は少量だったので直ぐに温まりました。

スープ用のお湯を同時に沸かし始める

にごりや雑味の無いスッキリとしたスープを堪能したい人は、このとき同時に、スープ用のお湯をゆでましょう。

粉末スープとゴマを入れる

麺をゆでるのにつかったお湯は捨てるので、粉末スープを先に丼に入れるか後に入れます。

スープの濃さにこだわる人は、最後に粉末スープを少しずつ調整しながら入れると失敗しません。

ゴマは磨り潰してから入れる

ゴマはすりつぶしてから入れるとゴマの風味が引き立ちます。

ゴマは炒ってから磨り潰すと栄養の吸収率が上がるそうです。

わたしは付属のゴマを袋の上から「しゃもじの先」をグリグリ押し当てて磨り潰してから使うようにしています。

ちなみに白ごまよりも黒ごまの方が栄養価が高いと聞いています。

ざるで湯切り

麺が茹で上がったらザルで湯切りします。

余分なものは落としてスッキリ。カロリーもカット。

どんぶりにお湯を注ぐ

綺麗な熱々のお湯を注いだら粉末スープをかき混ぜます。

後で牛乳を入れるので、お湯の量は少な目に入れると後から色々調整できます。

温めた牛乳を入れる

麺を入れたら、温めた牛乳をお好みの分量入れましょう。

わたしは今回初挑戦だったので、このコップに入った牛乳の分量、半分くらいを入れました。

完成

麺を持ち上げてスープをなじませたら完成。

個人的な味の感想

実はSNSで知り合った人が牛乳ラーメンが大好きで癖になってる様でした。

話題作りも兼ねてダメ元での挑戦でしたが以外や以外。

麺を食べた印象は、「悪くない」の一言。

本来の「あの塩ラーメンのクオリティ」はそのままなことにマジ驚きです。

そしてスープを飲んで思ったのが、舌に残ったスープの感覚が、何かあっさりした豚骨スープという印象。

牛乳はタンパク質。そして麺は炭水化物。栄養を吸収するゴールデンコンビです。

それでも不安という人は、食べ終えたスープに牛乳を入れて味変で試してはどうでしょう。

おわりに

個人的には牛乳ラーメン。悪くない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました