妻の態度が冷たいのは別れの予兆?熟年離婚を避けるには女脳を理解する

この記事は約6分で読めます。

マジカヨ?

「『こんな幸せ者の妻は他にはいないだろう』って、いい気になっていられるのは今のうちですよ」っていったらあなたはどう思うのでしょう。

家族のために人生のほぼ大半と命を削って頑張って働いてきたのにです。

たしかに、お金なくして幸せにはなれないし、優しさだけでは生活できません。それでもまだ女性には足りないのです。

それは脳の特性が引き起こしているかも知れませんよ?

◼参考書籍

  • 男はなぜ急に女にフラれるのか?
  • 著者:姫野 友美

女はバケツ脳、男はザル脳

別れとは、男女間のトラブルに対する受け止め方にちがいに原因がある様です。

それにはやはり、男と女の脳の違いに目を向けなければならない。男と女とでは感情に対する処理の仕方がまるで違っている。P26

この文の引用につづいて、男女のトラブルに対する反応をわたしなりに手短に箇条書きにしてみましたよ。

  • 男はその場しのぎの対策をして、その原因が何なのかを直ぐに忘れる
  • 女はそのトラブルを決して忘れない

では感情を処理する脳について要約して説明してみます。

そもそも男と女では感情を処理する場所がちがう

先ずはこちらの引用文を見てください。

男は脳の中心部の扁桃体という器官で感情を処理し、女は外側の大脳新皮質の前頭葉で感情を処理しているというのである。P30

扁桃体(へんとうたい)とは原始脳。

「好き嫌い、怒り、悲しみ、不安」など、ネガティブな感情に反応しやすい部位です。爬虫類脳とも聞いたことがあります。

急にキレたり、カッとなっても少し時間がたてば忘れてしまう。扁桃体は短気記憶がその性質です。

他にも、「何だか説明がつかないけど腹が立つ、何か不安だ、」というのも扁桃体の性質のようです。”こどもが上手く感情を説明できないのはそのためだ”といってます。

一方、女性の方はどなのか?

”女性も子供の頃は男性とおなじように扁桃体で感情を処理している”といっています。ところが、大人になるにつれて扁桃体から前頭葉に変わっていくそですよ。

大脳新皮質は、理性、知性、分別、言語といった高度な脳活動を司っているところである。P31

女性はもともと高度な脳を持っています。

子供のころに抱いていた「この不快はなぜ?何なの?誰のせい?」という感情を「言葉で説明しよう」と考えるようになり、思考され深い記憶に残るというわけです。

  1. 「男性」内側の古い脳は、その場の危機を対処する一時記憶
  2. 「女性」外側の新しい脳は、危機を記憶して、いつでも引っ張り出せる長期記憶

女性は男性に比べると力では弱い生き物です。自分と子供の身を守るためには腕力ではなく、”危なかったことを覚えて置く”方法で原始から身を守ってきたのでしょう。

男には分からない”バケツ脳”を理解してみる

これではすれ違っても当然です。

あなたは奥さんに、こんなことを迫られていませんでしたか?

  • 水道の水漏れがあるんだけど
  • 今度の休みに映画へ連れて行って
  • 子供の成績が下がってしまったの
  • 無駄使いやお酒の量を少しひかえてほしい

男なら一度くらいはいわれましたよね?何かわたしのことを書いているみたいです。

そんな奥さんからのお願いに対して「ああ、わかったよ・・」と生返事を返してしまう、その場しのぎの対処で、問題を先延ばしにしてはいないでしょうか。

そうなると、「この人は分かってくれない」「この人に何を言ってもダメだ」「自分の意見を真剣にきいてくれない」不満という感情でバケツは一杯です。ため込んでしまうのです。

そしてある日、「別れましょう」と妻に切り出され、男は慌てふためき取りつくろうのです。

バケツが不満で一杯になればバケツは重くて持っていられない。空に(解消)するためにバケツをひっくり返し、中にたまった不満を綺麗にしてしまったという話です。

奥さんにしても「反省している様だし、チャンスをあげてもいいかなぁ」って考えて、分かっていながらも、男にまたつきあってあげていると言っています。

別に女だけではありませんよね。男だって不満をため込んでから一気に爆発させる火山タイプはいるものです。

男の勘違いが引き起こすのか?

男って喧嘩した相手と仲がよくなる習性があるって思うのです。アニメ”ドラゴンボール”の孫悟空がイイ例えになるでしょう。

クリリン、ヤムチャ、牛魔王、ピッコロ、ベジータ、フリーザなんかを見ても分かる通り、主人公の悟空を取り巻く悟空ファミリーとは、そのほとんどが昔に戦った敵でした。

”決着がつく”とは敗北を受け入れること。強い相手を尊敬し、認め、学ぼうとする姿勢が男の方が強いからだと思うのです。

子供のお受験で暑くなるのはパパよりもママの方ではないでしょうか。「あの親の娘にだけは負けたくない」という具合に、ちがって男は冷めています。

話は飛びましたが・・そんな習性もあって、「バケツはひっくり返したし、もう大丈夫だろう」と考えてしまいがちになるのでしょう。

ところが、ここから先の習性が男とは少しちがう様ですよ。「ケンカするほど仲がいい」のは男の思い上がりだったりする様です。

バケツをひっくり返しても、それで終わりではない

結論からいうと、バケツの下にはタライがあるそうです。

つまり、

  1. 男に対しての我慢で既にバケツの水は一杯になっていた
  2. こぼれ落ちた水は、バケツの下に敷いてあるタライにため込んでいる

バケツの中身とは、不満と怒りの本の一部です。

上で書いたように、「わたしを映画に連れてって」と頼んでいる段階で既に、バケツには我慢と不満で一杯になっていたという分けです。

パソコンに例えると、データを消去しても、ゴミ箱に残されている。ゴミ箱を空にしても他にバックアップされて、いていつまでも記録は残っている様なものなのでしょう。

”そういう性質だ”とあきらめて付き合うしかない

ところが、男はちがいます。まったく女を分かっていません。

「バケツをひっくり返したのだから、もう安泰だ」と考えて、またいつもの対応をに戻ってしまうのです。

もしずっと一緒にいたいのなら、”女の心には階層がある”ということを知って上手に付き合っていくしかありません。

  • これから一生を持って尽くして生きる
  • 過去の過ちを忘れてはいけない
  • 期待に答え続けなくてはならない

ことを意味します。

いい事をしてあげて妻が喜んでくれたとしても、過去のことは決して忘れることはないと言っています。怖いです。ほんと、

自分の犯した罪よりも”大きな良いこと”を与えるしかないのでしょうかね。

つまり、

女に時効は無いということなんですね。

おわりに

わたしも若い頃、相手の方から別れを告げられるのが定番でした。そういえば他のグウタラ系男子も同じような気がします。

釣った魚にエサは与えないのが男です。それがDNAに本能として刻まれてるからです。でないと、現在まで人間は生きたれなかったことでしょう。

とはいえ、いま時代は代わり、女性独りでも生きられる時代になりました。男の特性である強さは効き目がうすくなっています。

わたしの様な狩りに出ても稼げない男性は特に、女性の気持ちを理解することが夫婦円満の秘訣だと思った次第でございます。

そんな男性でもあきらめてはいけません。

狩猟民族と農耕民族がいるように、もし狩りがダメなら、タネを蒔き育てることだってできるのです。

▼女性の心を傷つけてしまい十字架を背負う男性のはなしです。

妻を傷つけて後悔・・一度出た言葉は取り消せないけど何とかなるもの

▼「7つの習慣」という良書にヒントあり?

奥さん冷たくないですか?もう一度やり直す気があるならコレ

タイトルとURLをコピーしました