自分のご機嫌は自分で作り上げるものだと実感した日[2021.2.5の日記]

この記事は約4分で読めます。

幸せモルモン

2021年2月5日(土)の日記。

人の気分は運動でポジティブになれる様な仕組みがある。

なりたい自分になれない人が「続ける脳」に変えるには?

なりたい自分になれない人が「続ける脳」に変えるには?

断酒・筋トレ効果で朝から一人だけワクワク絶好調

わたしの部署では始業前、ミーティングルームに集まる決まりがある。

そこで朝礼的な今日一日のスケジュールなどを話し合う。

ミーティングがはじまるまで、それぞれコーヒーを飲んだり自由に過ごす。

ザワザワと雑談が飛び交うのがお約束の朝だ。

そんな中、ブスッと黙り込む人も少なくはない。

ずっと前から分かってはいたけど、それが確信へと変わったことがある。

それは、だるそうで不機嫌な顔つきをしている人とは、お酒を飲む人や眠れないタイプの人達にその傾向が見られること。

性格もあるけど、いつも明るく調子いい人でさえ朝は不機嫌そのものだ。

みんな晩酌をして夜中にトイレに行き睡眠不足気味。

そして仕事に対する態度やあり方も、仕方なしにやっつける様な態度とリンクする。

かつてのわたしもそうだった。

今そんな彼らを見るとわたしは微笑ましく思えてならない。

それは自分の悪習慣のつけがまわり、自ら朝辛い思いしてるからだ。

まるでクイズ番組の答えを自分は知りながら、正解が分からない人を見てるかの様。

逆に飲まない人、運動を日課にする人、朝早起きしてワンちゃんのお散歩をする人なんかも朝から調子がいい印象。

それは顔つき、話す言葉、態度を見れば誰にでも分かること。

運動経験のある人なら知っての通り。運動して少し時間が経つと気分がよくなってくる。

これは運動によって脳の血流がよくなり脳が活性化。気持ちを安定させるセロトニンによるもの。

そしてペットとの触れ合いでもセロトニンやオキシトシンは出るという。

これらは俗に幸せモルモンと呼ばれている。巷では運動した後12時間も、この幸福感が続くそうだ。

さらにセロトニンは腸内でも作られるという。

ちなみに日本人は、セロトニントランスポーター遺伝子で多いのはS型遺伝子(不安遺伝子)。

そして「LL型遺伝子」を持つ人(セロトニンの多い人)は少ないそうだ。

だからこそ少しでもこの幸せモルモンを出す努力を怠ってはいけない。

上機嫌は自分で作る必要がここにある。

3つのサイクルを回す

筋トレに目覚めると、それに連動して食の意識も高くなる。

断酒・筋トレ・食事の3つのサイクルが出来上がり、心身ともに健康になる仕組みが完成する。

もう連日書いてるけど、わたしはこの記事を書く約3ヶ月前から断酒を継続中。

筋トレも板についてきた。

そしてわたしも、朝から上機嫌の一員に加わった。

今日一日の流れ

今日は夜勤明け日

1)夜勤明けの昼寝

  • 入床時刻=9:34
  • 起床時刻=12:03

2)夜勤明けの夜寝

  • 入床時刻=22:35
  • 起床時刻=6:00

合計睡眠時間=9時間53分

昼間起きてると辛いので午前中2時間ばかり寝ることにした。

夜勤で仮眠からの寝起きで、頭痛あり。

もしかしたら脳の酸欠によるものかも知れない。

今日の歩行距離

今日は珍しく1万歩いかなかった。

このアプリは手動式にしたので、本当はもう少し歩いているはず。

今日のTweet

動物的な感情ではなく、理性を効かせることで正しい道へと進むことが出来る。

Pinterestピン作成

芝焼きバーナーの代用品で芝焼きしてわかった3つのこと

Pinterestに上げるアイキャッチは『Canva(キャンバ)』 にて制作。

今日は筋トレのインターバルの合間に適当に作ってみた。

まだ全然使いこなしてない。Pinterest用の画像サイズではない。

目標と予定

筋トレ・身体を学ぶ。=継続中。

明日も日記かブログを更新する。=今日も日記記事を制作。明日更新する予定。

筋トレお休み日に瞑想、呼吸をやる。=今日は上腕三頭筋と胸を鍛えた。

ホームに表示したカテゴリを更新する。=今日は断酒系の日記記事を「生活カテゴリ」に入れた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました