楽天モバイルに乗り換えたらオプションが勝手に!解約は「R」アプリからは無理

この記事は約4分で読めます。

無駄を削ぎ落とす

わたしは「楽天モバイル スーパー放題 プラン S 」というプランでドコモから乗り換えました。

楽天モバイル スーパーホーダイプランS 
月額基本料 2,980円(税別)
楽天会員:500円割引(開通月から24カ月間)
ダイヤモンド会員:500円割引(開通月から12カ月間)
長期割:1,000円割引(開通月から24カ月間)

  • 1年目の支払=980円(税抜き)
  • 2年目=1,480
  • 3年目=2,980円

になる契約です。

ダイヤモンド会員になるには、結構なハードルがあります。なので通常は無いと考えましょう。

そうなると、
  • 1年目=1,480円(税抜き)
  • 2年目=1,480円
  • 3年目=2,980円

必要無いのに『楽天モバイルお得生活』なるオプションがついてきました。

そのまま2ヶ月過ぎれば自動的に500円取られてしまう。3年目からは3,480円(税抜き)になってしまうでしょう。ちなみに、そこにプラスして、他にも色々と加算されたりもします。

なので、不要なプランをとっとと解約することにします。

2019年3月の話です。

「オプション解約」の項目は、楽天モバイル アプリのどこを探しても見当たらない

まずはわたしのスマホに入っている楽天モバイル アプリのスクショを見てください。

左上にある「設定ボタン」を開くと、色々と項目が表示されますよね。

結論から言うと、スマホアプリからの解約は無理。なので、PCからオプション解約ができました。

PCの場合「オプション申し込み」から入ると、「オプション解約」があって、そこから解約ができました。けどこのアプリのどこを探しても「解約」はありません。

てか、わたしは断然PC派。試しにスマホユーザーのために、アプリから設定紹介しようと考えて、探したけど見つからなかったという訳です。

■ 追記
スマホの場合でも『楽天モバイル メンバーズステーション』にアクセスして、設定から解約手続きページに行けることが分かりました。次の章でPCを使ったオプション解約の説明をしています。
外部リンク楽天モバイル メンバーズステーション

パソコンを使ってオプション解約をする流れ

メンバーズステーションにログインする

「オプションサービスの申し込み」欄の一番下まで画面をスクロールさせる。

「オプション解約申請」をクリックする

この項目がモバイル アプリには無いんです。

「オプションサービス解約手続きへ」をクリックする

このページも画面を下にスクロールさせる。

クリックして次のページに進みます。

「確認画面へ」をクリックする

このページも同様、下の方にあります。

解約したいオプションを選んでから「確認画面へ」をクリックする。

わたしはまったく必要性が無い(利益を感じない)オプションなので、迷わず解約です。てか、自分の意志で契約してませんからね。(-_-)

「お申し込み」をクリックする

楽天モバイルに関する個人情報が表示されます。同じように、一番下の欄にある「お申し込み」をクリックしてください。

「オプションサービス解約」が完了する

解約手続き完了のお知らせをご連絡先メールアドレスへお送りいたします。

と書いてあります。自分が登録してあるメールアドレス宛に解約についてのメールが届きます。

自分宛にメールが届く

楽天モバイルに登録してあるメールアドレスに解約したオプションについてのお知らせが届きます。

以上で、PCから「オプションサービスの解約」の手順でした。

■「楽天モバイルお得生活」について勘違いしたこと

楽天モバイルお得生活のログイン方法を追加しておきます。なぜなら、わたしは勘違いしてしまい、中々ログインできずに困っていたから。

このサービスにログインするためには、楽天モバイルお得生活専用のIDとパスワードを使っいます。

  • 専用ID(数字だけ)
  • パスワード(生年月日)

そのIDとパスワードは、楽天モバイル契約時に登録したメールアドレス宛に届いています。

最初、楽天モバイル メンバーズステーションにログインするIDパスワードを入力しましたが、何度試してもエラーでした。まったく別だったのですね。(^_^;)

おわりに

わたしは2019年3月、このプランへMNPで乗り換えました。

そのとき、店員さんから以下の様な説明を受けました。

「”楽天モバイルお得生活”というオプションが2ヶ月無料でついてきます。けど、後で解約できますよ。」

2ヶ月試してから解約する手もありますが、先延ばしにすると、性格的に忘れがちなのもあり、即、解約した次第です。

せっかく格安の電話会社に乗り換えたのにオプションを追加。支払いが上がってしまっては本末転倒といったところです。

とはいえ、現時点に置いて”端末が安く手に入る”のは魅力的だと思います。

「ドコモ」から「楽天モバイル」へMNPで乗り換えを家電量販店にて口座振替で

タイトルとURLをコピーしました