【旧字体の名字の印鑑】お急ぎでコスパ。どこで買うのがベスト?

この記事は約4分で読めます。

お急ぎということで、結論からいうと、

  • 「街のはんこ屋」でハンコを作る方が速かった
  • ただし値段はその店による(不明)

今回わたしは、「ある機関の監査役」となり、認印が必要になった。

実印・銀行印は住宅ローンを組む際に新調したのは持っている。

でもそれを使うわけにはいかない。

そしてプライベート用のハンコを紛失。

なのでこれを期に買うことにした。

「珍しい漢字」を使った名字はネットショップでの購入は不向き

「お急ぎならネット」ということだが結論は違った。

「お急ぎ」「リーズナブル」を求め、ネットショップで購入する場合、

旧字体や珍しい名字の人は、今直ぐ手に入りにくい可能性ある

なぜなら、在庫が無いかも知れないからだ。

佐藤・鈴木・田中の様な、メジャーな名字なら在庫はあると思う。

でも「渡邉(ワタナベ)」などの旧字体が有るとは限らない。

珍しい漢字は入力不可

そもそも、ハンコをオーダーするときに、自分の名前を変換しても、お目当ての字が出てこないので、入力しようがない。

わたしの名字は旧字体がふくまれている。

実際ネットショップでハンコを買うべく、自分の名前を入力しても旧字体は出ないので、ネットから旧字体をコピペ。

ところがその方式ではエラー。使えなかった。

もし時間に余裕があるのなら、電話やメールなどのやり取りをすればいいと思う。

けど仕上がりに、何日かかるのか分からない。

今回わたしは数日後に認印が必要だったし、面倒なので別の手段を選ぶことにした。

街のはんこ屋は値段が高かった

わたしが住む場所から近いチョットした街に、当ハンコ屋さんはある。

県内でも数店舗加盟店があるので、チェーン展開の様なイメージで入店した。

ところが中に入ると、完全に個人商店。

入り口には、回転式の透明なアクリルボックスの中に、安価な三文判が設置されていた。

自分の名前を探したが、やはり無い。

そして、正面のガラスケースのハンコの値段を見ると、全て1万円以上の高級品しか売ってない。

どうしたものか・・

もし県の中心地にあるハンコ屋まで行っても、出来上がりに数日かかることもあり得る。

仕方なくこの店で、小さいが10mmの三文判を買うことにした。

値段は1650円。その場でオーダーメイド。

待ち時間は10分もかかってないと記憶している。

素材は不明だが、実に綺麗な輝き。肌色のプラスチック製とは一味違う。

だがしかし、これでは納得がいかない。

なぜなら、サイズが小さいからだ。

今回わたしがハンコを必要とした理由は、監査として認印を押す使命のため。

これではちょっと小さい。カッコつかないので納得できずだし、これからも必要なアイテム。

ということで、この足で、県の中心都市まで行くことにした。

デパートの文具売り場でハンコを発見

どこに行こうが迷ったが、明朗会計と入店にストレスがないデパートの文具屋さんへ行くことに。

もし、さっき買ったサイズよりも大きめのハンコがリーズナブルで、その場で買えるなら、書い直そうと考えた。

実際お店に入ってみると、さっき買った店のハンコよりも多きいサイズが安く売られていた。

しかも黒壇で550円。さっきの店と比べると低価格。

けど自分の名前は当然見当たらず。

別注文は3080円とのこと。

「ここに無い名前はオーダーします」となっていた。

お値段は悪くない。だが今買って帰れないのがもどかしい。

毎度のことながら「分かっちゃいるけど動かない」そんな自分の性格改善は必要だ。

実店舗でも品揃えは豊富。実物を確認して買えるのがメリット

そして、さっき買ったハンコにはケースが無い。ということで、ハンコケースを買うことに。

値段は990円(税抜)。当文具店は品揃えや色もバラエティだった。

黒もいいが、飽きるのを知りながらも試しにネイビー色をゲット。

ハンコだけ持って歩くわけもいかないので助かった。

認印 ハンコケース

今回買った印鑑のサイズは恐らく10mm。

当印鑑ケースは、12mm✕60mmまで対応。

今回買ったサイズよりも大きなサイズが入りそうだ。

おわりに

メジャーな名字じゃない場合、早めの行動が最高のコスパ術だ。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました