ブルーカラー職が買ってはいけない【ワークマン冬用インナー】

この記事は約3分で読めます。

ワークマンのインナーが暖かいらしいのでレポート。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

屋内で体を使う系の業務に「ボアインナー」は暑すぎた

結論からいうとタイトル通り、ワークマンの「ヒートアシスト・ボアインナー」は想像以上に暖かい。

てか、わたしにとっては暑すぎた。

わたしが当初品を買った日は11月中旬。夜の気温が下がる時期。

さっそく買ってきた当商品を部屋で試着することに。

ワークマン・ヒートアシスト・ボアインナーM

商品を開封。手に取ると、ボワッとふっくら。

あくまでも主観だけど生地の印象は、スポンジっぽい。

首のえり元の裏地を見て分かる通り、モコモコ。

そして実際に試着。

最初の印象は、「これは暖まるぞ!」と着て直ぐに分かった。

そして、身長168cm・体重56kgで筋トレをする細マッチョなわたしにとって、Mサイズはピッタリ。

胸周りは、はち切れそうな体感。ピッチピチ。

色が紺色だけにサイヤ人の戦闘服っぽい。ベジータ気取りで撮影。

そんなことを思いながら数分が経過。

すると、地味に暑い。そして脇の下が汗ばんできた。

それもそのはず。生地厚レベルが、5段階中、MAXの5。

とても着てられないので、一旦、脱ぐことに。

すると、服の裏地のモコモコした毛玉の様な生地の一部が床にフワリ。落ちたのを発見!

拾い集めて撮影

最初だけなのか、それとも抜けやすいのかは不明。

人によってはボアインナーを着る機会が限られる

丁度、今夜は夜勤だった。当然、気温は下がるので外は寒い。

これを着ていくべきか?それともユニクロのヒートテックにするべきか・・しばし悩む。

わたしが働く環境と働き方を考えると、間違えなくボアさんだと暑くなることだろう。

勤務地の工場は製品を造る際に熱を発する環境。夏は40℃超え。

しかも体をよく動かすので、冬でも汗ばむことがある。

そな中、インナーはジャケットと違って簡単には脱げない。

なので11月に当商品を着るのはまだ早い。着るならもっと寒くなってからと考えた。

そうなると、着る期間が短くなってしまうので、コスパじゃないとも言えそうだ。

なぜなら秋や春先や真冬でも気温が高い日は別のインナーを着ることになれば、ボアインナーの出番が減るからだ。

つまり別のインナーを買う必要があるってこと。

わたしの冬のインナーの着方は、ヒートテックにTシャツを重ね着。その上に作業服。これが意外と暖かい。

でもこの商品ならTシャツを着る必要はなくなると思う。

そうなると洗濯物が減るので、少しコスパかも知れないな。

ボアインナーを買うべき人

これらを考慮すると、当商品に最も適している人を考えてみた。

  • 釣り人
  • 座り仕事(暖房なし)
  • 警備員(屋外)
  • スポーツ観戦(屋外)
  • 極寒の環境

まだまだありそうだけど、「寒い環境にて、じっと動かない状態」辺りかな。

価格は税込み980円。

品質はさて置き、ユニクロのヒートテックウルトラウォームクルーネックT(超極暖・長袖・2,290円)と価格を比べると、かなりお安くなってる。(2023/11)

おわりに

ワークマンの「ヒートアシスト・ボアインナー」を着た場合、暖房の効いた室内や、動き回ると、汗ばむことになるだろう。

なのでわたし自身、自分の働く環境や働き方に合った冬インナーを探してみようと思う。

多少値は張るけど「汗冷え防止」で検索すると見つかるかと。

お買い物生活
スポンサーリンク
よろしかったらシェアして下さい
スポンサーリンク

スポンサーリンク
72ログ
タイトルとURLをコピーしました