節約のコツは悪い習慣を捨て同調圧力に負けないこと【こづかい3千円・月記】

この記事は約3分で読めます。

やるしか無いの

早いもので、3回目の入金が済みました。

お小遣い1万5千円の中から1万を積立定期預金するために1年間三千円でやりくり中。

お小遣い月3000円生活の課題はアルコールとの戦い

[ 今月の残金750円 ] お金の消費=心

先月のお小遣いの残金は750円となりました。(^^)/

大まかな内訳としては、

  • 酒代=約2000円
  • 交際費約200円

お小遣いをもらってから2週間目で3分の2を飲み代に使い、月後半を残り1000円で過ごしました。

ですがお陰様で、2020/10/8この日に飲み納めてから、今月のお小遣いをもらった今日まで何とか断酒継続できてます。

交際費の200円は会社の付き合いです。同僚からジュースをおごってもらったのを次の機会にお返しをした額。

他人の生活は誰も保証してくれない

わたしは基本、会社に水筒持参して行きます。なので今ではほとんどジュースの類は買いません。

けど休憩のときに同僚がジュースを自販機で買う流れで、わたしの分も買ってくる場合があるのです。

以前は、”おごりっこ”お返しをする変な伝統があって、わたしはその習慣に疑問がありました。

なぜかと言うと、人によって飲みたいタイミングや飲みたいジュースとかは違うと想うし、

ダイエットなど、そしてふところ事情も人それぞれだからです。

ところが「あいつケチだ」という同調圧力にほだされて、飲みたくないのに無駄遣いした過去がありました。

でも、数年前からわたしの様な節約派の人も増えて(年の功)、そういった押しつけも薄れてます。

そうはいっても、「たまには付き合うか」と今回考えて200円使っちゃいましたよ。

その相手は実家暮し。わたしの様な住宅ローン&妻子持ちとはちがって悠々自適。

きっとこちらの心情など解らないでしょう。

実際わたしも独身の頃や今の生活になる前の、比較的お金に余裕がある頃には想像すら出来なかった概念です。

他人の財布事情につきあうのは止める。

ここはキッパリと、植え付けられた恥や美徳を、現実思考に切り替えるしか無い

今月で4回目の入金・1年後まで残8回

今回の積立定期預金は、別の口座から自動入金する仕組みになっています。

現時点で5回(5万分)入金されています。

内訳として、初回の入金は普通口座の預金の中から。

なので実質おこづかいから1万円を入金したのは今月で3回目になっています。

ちょとこれでは計算が合わないですよね。

実は最初に勘違いして「普通口座」の方じゃなく、この「積立定期預金」の方へ間違って1万円を入れしてしいました。

なので一年後13万貯まる予定です。(*´ω`*)

次回までの目標

2020/10/09に断酒してから今日で19日。最初の10日くらいは本当に辛かった。

この調子で断酒を続けていくつもりです。

とはいっても「一生酒を断つ」と決意した訳じゃないので、飲むこともあるかと思います。

わたしはつい最近まで約10年ちかく連続で毎日酒を飲むことから離れてました。

流れとして、最初は約3年間断酒・それから年に数回飲む→月数回→週数回とフェードイン。

その経験から分かるのは「数ヶ月やそこいら止められた」としても、その一口でまた元通り。なんてこともあり得る。

ちなみにわたしはタバコを止めて14年くらい経ちました。

よく「物事が習慣化するには3ヶ月かかる」と言うようにしばらくは絶対に飲まない様にしたいです。

おわりに

このまま維持していくつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました