【自宅筋トレ】家に有る物でダンベルベンチプレス的な事がしたい!

この記事は約3分で読めます。

自宅で鍛えましょう

ジムが使えないから長らくベンチプレスをしてません。グイッと持ち上げたいもの。

家に有る物で何とかならないか?チャレンジすることにします。

座面がせまいイスをベンチ代わりに実験

「何の道具も使わずに(胸や上腕三頭筋など)を手っ取り早くきたえたい」そう思うと、腕立て伏せを想像してしまう。

確かに有効な方法。けど筋トレが日課になっている人にとってはかなり物足りない。やはり重い物は上を向いて持ち上げたいもの

ベンチプレス的なことがしたい!

家にダンベルは有る。これで何とかならないか?どうしたものか・・・

床に寝そべってダンベル持ち上げても、胸の可動範囲は広がらずせまい。ヒジが胴体より後ろに出るのが必須。背中の肩甲骨がくっつくイメージが理想になってくる。

何かないものか・・

あった!折りたたみチェアー

これらを駆使してやって見ることにした。

▼ダンベルについての情報

新型コロナでジム閉鎖!それなり筋トレ者が自宅用ダンベルの商品レビュー

実際にやってみた

はい!おバカさん。(^_^;)

ではその順序を書きますと、

  1. 座面が狭いイス・ダンベルを用意する
  2. 両腕でダンベルを持つ。イスを背にし、ひざまずく
  3. イスの座面に背中を乗せる。肩甲骨辺りをイメージ
  4. ダンベルベンチプレス的なことや、ダンベルフライ的なことをする

◼ポイントは

1)床が傷つかない様に長座布団を用意した。

2)ダンベルをシッカリ抱きしめる。ボクサーが顔をガードする感じで体にピッタリ近づけた。

3)イスは、かなり不安定。イスが倒れない様、最新の注意を払って、背中(胸の裏)を乗せた。

4)任意のトレーニングをした。

感想

本当は胸の裏側をイスの座面の乗せるのが理想だったけど、イスが後ろに倒れそうでグラグラ。なので実際は背中&首の裏側を乗せている。

理想的なポジションでは無いけど、久々のベンチだったので、「コレコレ、これだよ!」ちょっとワクワクです。

ダンベルの重さは1つ=10キロ。今現在のわたしにとっては少し軽いウエイト。それでも、この重さを抱えながらポジショニングすると、アンバランスになりました。

もしかしたら、こういった「普段やらない動作をすることも筋トレ効果」って考えれば、やらないよりはマシだと思う。

ただ、何度もいうけど、イスが不安定だから、安全面ではマイナスポイント。

「この重さならコントロール出来る!」ってウェイトでやった方が無難ですね。いや、それじゃ意味ないから」な人は、ベンチでも買って鍛えてくださいな。

・・・

ちなみにベンチプレス過去最高に持ち上げた記録は80kgチョイを2回。今は無理。50キロを10回×3セットは行けるかな?

あえて軽い重さで回数こなしたり、重くして回数減らしたり、徐々に重くしてまた下げていくとか、楽しんでやることにしている。

とにかく故障しない様に、やり過ぎは禁物だ。

おわりに

最初、イスをいくつか並べ、ベンチ代わりにしようかな?と考えました。けどダンベルを持ちながら寝そべるのを想像すると「危ないかな?」と思ったのでやってません。

ダンベルを使った筋トレをするなら、床の保護はやって置いて損は無いですよ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました