【胴回りエクササイズ】脇腹に「えくぼ」を作る方法を絵で解説

この記事は約5分で読めます。

脇腹にエクボが出現

「肥満体型の人」が、どれくらいの期間で減っこむのかは未知数ですが、「痩せの下っ腹ぽっこりな人」は、早い段階でエクボが現れるはずです。

このトレーニング法の情報源

わたしがこの方法を知ったのは、ずい分前に観たテレビ番組です。高額で短期間の内に理想的なボディが作れてしまう。

食事メニューもジム側に決められ、徹底的に管理さる内容でした。もしかすると、ブレイクする前の『ラ○ザップ』ではないか?と振り返っています。

そのトレーナーいわく、「『腹筋100回出来ますよ』っていう人でも、この鍛え方だと、最初10回も出来ないんです」当時の番組で、そう言ってました。

どれどれ、わたしも筋トレをかじっていた時期です。ちょっと自信ある中、その方法をやってみると確かにキツかった。(゜o゜;

そして実践していくと副産物として、脇腹に窪みが出来ちゃったという流れです。

場所的には、腹筋(シックスパック)の両脇で肋骨の下の部位。胴体を前から見たら丁度「角」に当たる箇所です。

では、そのフォームとポイントを見てみましょう。

床に上向きで寝た状態で下半身を垂直に持ち上げるだけ

正しいやり方

正しいやり方=下半身を垂直に立て、胴体を垂直に持ち上げる

  1. まず、上向きで床に寝る
  2. 下半身「脚(あし)」を垂直に持ち上げる
  3. 胴体を垂直に起こす
  4. 「手の指先」を「足の爪先」へ持って行く

ポイントは「上半身の起こし方」

正しいやり方イメージ1

上半身(胴体)を真上に持ち上げること。

片方の腕(下半身)はそのままの状態をキープ。もう片方の腕(上半身)だけグイッと持ち上げたイメージの絵です。
なぜこのフォームでえくぼになるのか?というと、インナーマッスルなど内側の筋肉を使うことになるからです。

動作イメージがもっと伝わる様に、いくつか例えてみます。

ヒザを曲げないで上半身を「どこまで下げられるか?」測定

フォームのイメージ

今もあるのか分かりませんが、昔、学校の身体測定で、この様なフォームをやられた経験がある人は思い出してください。

わたしが学生の頃、体育館のステージ角を利用して測定したことがありました。

この動作の「逆バージョン」だとイメージすれば分かりやすいかと思います。

腕を持ち上げる動作で例える

胴体を垂直に起こすイメージ2

  • 肩=胴回り(腰・お腹)が支点
  • うで=下半身
  • 胴体=上半身

に例えて説明すると、うで=(足)を真上に、そのまま持ち上げる

胴体を垂直に起こすイメージ3

  • 「えいえいオー!」と拳(こぶし)を上げる動作
  • 「ハイ!先生!」と挙手をする動作

とにかく真上に起こすこと。

「えいえいおー」と下半身を持ち上げます。

最大のポイントは「ゆっくり」と

「ハイ・・やったのは私です」と、自信なさげに手を挙げる生徒の様に、ゆっくりな速度で下半身を持ち上げる。

早い動作で回数を競うのは止める。まずは回数よりも、正しいフォームをゆっくりと出来ることに重点を置きましょう。
それでも出来ない人は、最初は早くやって、慣れてきてからゆっくりとやってみてくださいね。

支点の位置で効き目も変わる

わたしは、長座布団の角を利用して、胴体を若干沈ませてから起こしています。その方が下半身を持ち上げやすいからです。

わたしは床(0m)からスタート発のバージョンや、長座布団の落差を利用してマイナスからスタートさせるバージョンなども交えてやっています。

間違ったやり方

間違ったフォーム1

寝そべった状態で胴体を、ふつうに起き上がる動作です。

この方法だと外側の腹筋を鍛えることは出来ますが、それはまた別の話です。

間違ったフォーム

  • 肩=胴回り(腰・お腹)が支点
  • うで=下半身
  • 胴体=上半身

に例えると、肩を支点にヒジを曲げず、うでを水平位置からピント伸ばす起こすやり方。

脇腹にエクボを作るにはインナーマッスルに負荷をかけること。胴体を垂直に起こすことが望ましいフォームになるでしょう。

おわりに

わたしはこのフォームでトレーニングした結果、下っ腹は出てるのに脇腹をへこませすことが出来ました。

わたしの場合、完全に内臓脂肪や、内蔵が下がっているため、下っ腹が出ていると感じています。なぜなら、上向きに寝ると、お腹がペタンコになるからです。皮下脂肪では無い証明。

まったく筋トレしたことが無い人が、もしこのフォームがキツイとしたら、ちょっと崩して始めてもイイと思います。

足を垂直に立てずに、ヒザを折り曲げて、胴体を起すとき、指先が足先まで届かなくても、自分で持ち上げられる高さから、徐々に上げてていけばいいのです。

床だけ道具いらずのトレーニング法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました