お腹インナーマッスルをたった1日鍛えただけでベルト穴が1つダウンした件

この記事は約6分で読めます。

いつもと違う

ぽっこり下っ腹をへこますには、インナーマッスル系フィットネスが早くて効果的。

わたしは心身ともに最適化することや、アンチエイジングも兼ね、断酒と筋トレを再開した。

【男性美容】ストレスで失った若さ回復に『ビタミンC』が未来の希望

【男性美容】ストレスで失った若さ回復に『ビタミンC』が未来の希望

ウエストサイズを落とすには『内蔵上げ運動』が効率的。2つのエクササイズでお腹は凹む

足上げ腹筋も、最初全然回数できなかったけど、3ヶ月経過した最近、20✕5回を何とかこなせる様になってきた。

といっても、4セット目に入るとフォームが乱れがちだし、インターバルを長く取る日もある。

筋肉は休ませることで成長するから、外側の腹筋を休ませるためにこの日、インナーマッスルを鍛えてみた。

すると直ぐその効果が現れた。

作業ズボンを履いたとき、いつものベルトの位置が少し緩く、ズボンに若干の隙間ができた。

試しにベルトの穴を1つ閉めると丁度いい。それはお腹のインナーマッスルを鍛えたからだ。

お腹周りのサイズが落ちたエクササイズ【その1】

名付けて『貝の口パクパク腹筋✕インナーマッスル編

正式名が分からないから勝手につけてみた。

名前が分からないので調べたら、どうやら「V字クランチ」体勢で「バイシングクランチ」をやる感じらしい。

まず「広げた本を垂直に閉じる」イメージを思い浮かべて見てほしい。

動画や画像を用意できないので、やり方を文字での説明は難しいけど説明。

  1. 仰向けに寝そべる
  2. 両手を顔の横に置き、まっすぐ伸ばす
  3. から両手を前にファイティングポーズで上半身を起こす
  4. と同時に、両ヒザをくっつけて、くの字に曲げながら
  5. 両ヒジ両ヒザを、お腹の上で合わす

この日はこれを20✕3セットくらいやった。

ちょっと解りづらいかも知れない。

さらに追加すると、両ヒジを足の付け根に目掛けて前の太ももにくっつける感じ。

ポイントは、寝そべるとき、背中を水平よりも反ること。

そうすることで、外側の筋肉(腹直筋など)を使わずに、インナーマッスル(腸腰筋など)が使えるからだ。

このときお腹を思いっきりへこますとインナーに力が入る様になる。

それは腹直筋(外側の筋肉)を緩め、インナーマッスルで下半身を支える状態。

ちなみにこれを応用した、お風呂の湯船でも出来るエクササイズを、わたしはやっている。自分で編み出した。

更に説明を解りやすくするために、同じ様な動きとしてもう一つあげてみる。

  1. 仰向けに寝そべる
  2. 両手を顔の横にまっすぐバンザイ。足をまっすぐに置く
  3. バンザイした腕は床につけたまま、足を折り曲げてヒザを90度上げる

ポイント。このとき、お腹を思っきり凹ませ、外側の筋肉を使わずインナーマッスルを使うイメージで、両足を90度に折り曲げ、ゆっくり持ち上げる。

お腹周りのサイズが落ちたエクササイズ【その2】

そしてもう1つのトレーニングは名付けて、『体育座りでファイティングポーズを右左』

こっちも名前が分からないから、そう呼んでみることにする。

横から見ると「Vの字」の姿を想像してみてほしい。

  1. まず体育座りで、両足を宙に浮かしながら、片方のヒジをヒザにくっつける
  2. 例えば、浮かせた両ヒザの右ヒザに、身体をねじらせ左ヒジをくっつける
  3. これを往復20回やる
  4. 次は逆パターンをまた20回やる
  5. それを3セットこなす

わたしは、この『貝の口パクパク』と『体育座りでファイティングポーズを右左』をたった1日やっただけで、ベルトのサイズがダウンした。

これは筋肉がついて引き締まったとか、皮下脂肪や内臓脂肪が減ったのでない。

インナーマッスルを鍛えたお陰で、下がった内臓が上がったから。

つまり元の位置に戻ったとわたしは考えてる。

わたしは普通にしてると、下っ腹が出てるにも関わらず、寝そべる。あるいは湯船に浸かるとお腹が凹む。

これは、お風呂では内臓が浮いたのか?それとも水圧で内臓が押されたのか?分からないがペッタンコになる。

そしてわたしは寝ると、お腹が凹んで肋骨が浮くガリガリ君。

それは内臓は重力で背中にくっつくからだと思うし、そう考えればつじつまが合う。

腰を痛めることに注意してトレーニングする

そしてもう1つのポイントと言うか、知っておいて欲しいことがる。

それは「腹直筋(外側の筋肉)を使わず下半身を持ち上げる」ということは、腰骨を支える筋肉は主にインナーマッスルだけに頼ることを意味する。

だから、まだインナーマッスルが十分鍛えられてない中で、この動きをやると、腰骨に負担がかかり、腰骨を悪くする可能性がある。

以前わたしは、この腹筋をやったとき、ポキっ、ポキっと音を鳴らしながらやったその結果、後日腰を痛めた。

だから、この「貝の口パクパク筋トレ」をやる前にはある程度インナーマッスルを鍛えてからやった方がいい。

特に体重がある人は、いきなりやるのは危険かも知れないので注意が必要。

ちなみに、この腹筋をするときの両ヒザをくっつけるとポキポキ音はしない。

試しに「あぐらをかいた格好」で両足を上げると骨の鳴る音がした。

【自重トレーニング】背筋を鍛えたら肋骨を負傷。上半身の重みにインナーは耐えきれなかったのか?

【自重トレーニング】背筋を鍛えたら肋骨を負傷。上半身の重みにインナーは耐えきれなかったのか?

姿勢を正せばお腹はへこむ様に出来ている

そして一瞬でお腹サイズを落とせる魔術がある。

それは、

  1. 「気を付け!」の姿勢で立つ(両腕は手のひらを内側に身体の横に置く)
  2. そのまま両腕を前から垂直に上げる(出来るだけ腕は耳の裏に立てる)
  3. 上げたら、出来るだけ姿勢を正したまま、内側に向けた手のひらを、くるっと外側に向け、そのまま両腕を横に下ろす(鳥が羽を下ろす様に)

ラジオ体操第1の最後の動きの感じ。

すると内蔵が正しい位置に戻り、お腹がへこむ。

これを健康診断のときにやって、看護師さんを驚かせた同僚もいる。

インナーマッスルを効かす練習とイメージ

最後に、インナーマッスルを鍛えるイメージは、お腹を凹ませながら、両腕を垂直に持ち上げると、よく効く。で伝わっただろうか?

これは片ひざ立スクワット同様。両手を合わせ、カンチョウのポーズをした状態で、両腕を垂直に上げるとインナー(腸腰筋)に効く。

是非やってみて欲しい。

おわりに

最優先事項は、怪我をしないこと。

ぽっこり下っ腹をへこますには、インナーマッスルも鍛え、内蔵を押し上げるもの有効です。

【胴回りエクササイズ】脇腹に「えくぼ」を作る方法を絵で解説

【胴回りエクササイズ】脇腹に「えくぼ」を作る方法を絵で解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました