本当に月3千円で過ごした2ヶ月目の記録【こづかい3千円・月記】

この記事は約4分で読めます。

やるしか無いの

実際にお小遣い3000円で過ごして2ヶ月経ちました。

節約中の人は、「こんな人もいるのね」と思って見てください。

▼前回の記事

節約のコツは悪い習慣を捨て同調圧力に負けないこと【こづかい3千円・月記】

[ 今月の残金2231円]

■今月の支出について。自分のTweetから引用。

  1. 先月の残金=750円
  2. 今月の残金=2231円

残金はLINE貯金と名して新たな封筒に入れました。(*´ω`*)

節約の要は断酒

今回「お小遣い3000円計画」には、もう一つの側面があります。

それは「断酒」です。上手くいくかどうかはコレにかかってます。

なぜならお酒以外は自分でコントロールできることが多いから。

正に「低次の欲」って奴との戦いです。

わたしは2020/10/9から断酒を始めました。

その結果53日経った今、断酒の継続に成功してます。

実質、お小遣い3000円生活をはじめたのは、9月末に出たお小遣い(10月分のお小遣い)からでした。

その前までは、1万5千円中、1万円が積立定期預金なので使えるのは5千円。

でもそれでは足りなく、実質つかえる最後のへそくりを切り崩して使いました。

お酒を飲みたい衝動を抑えられなかったからです。

もうヤケッパチ。

支払うために別けてあるお金以外の、実質使えるへそくりを綺麗サッパリ使い切って、ゼロからスタートしようと決めての行動でもありました。

無い袖は振れません。

わたしは数年前からお酒をやめようと挑戦して来ましたが、長くて15日くらいが限界。

そんなことを繰り返してきたので、どうなるかは自分でも分かりません。

ただ、一つ言えることは、お金が無いことが功を奏したといえるでしょう。

今月で5回目の入金・1年後まで残7回

積立定期預金の金額も5万円になりました。

でもお小遣いからの入金は4回目。

もし銀行との約束(優遇金利の条件)として毎月1万円を貯蓄する話がなかったとしたら、間違えなくこの5万円という金額にはならかったことでしょう。

財布を分ける仕組みは凄い知恵です。

たとえ「積み立てたお金が消えた」としても損失だとは言い切れない。

なぜなら、お金が手元に無いことによって、

  • 無駄遣いをしない習慣
  • 断酒継続するキッカケ
  • 自制する概念を養える

を身につけることが出来れば、

  • 老後収入減の備え&お金が使えないことの免疫
  • 断酒成功=病気の予防=医療費の節約

将来の不安が、グッと減ることになるからです。

何より、「ちゃんとしなくっちゃ」という、今まで忘れかけていた理性を目覚めさせることに成れるでしょう。

ちなみに同時進行で、部屋での継続的な筋トレ習慣も復活しました。

次回までの目標

先月の断酒の目標は継続中なので達成出来ました。(*´ω`*)

そして先月と今月でお金を一番つかった項目は交際費でした。

その内訳は、会社の同僚に誘われて買ってしまう自販機のジュースです。

正直いうと飲みたいのではなく付き合いです。

「でも、たまにはイイかなぁ」やはり人間です。それも仕方ない感情です。

でもそうやって付き合えば確実にお金を失ってしまうでしょう。

3千円中の100円はやってみると意外と馬鹿になりません。

ここは一つ、”人にケチだと思われたくない欲”を捨てる勇気と、「コイツを誘っても無駄」と思われるまでキャラを通すことが必要です。

よそはよそ、うちはうちと割り切れることが今後の目標ってところでしょうか。

LINE家計簿

おわりに

節約とは自分磨きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました