切っても直ぐのびる庭木はこれ!おしゃれなピンクまじりの葉が特徴

庭に木を植えたときを想像してください。

なぜ、その木を植えようと決めたのですか?

大きく育った木の下で家族や仲間とバーベキュー。イスに座ってティータイム。西日から部屋を守ってくれるから。そんな理由を考えた人もいることでしょう。

庭木は夏の強い日差しをさえぎって、日陰という空間をつくってくれます。

ところが木の種類によっては管理が面倒です。葉や種が落ちてしまい掃除が大変です。成長によって枝を切る作業もあったります。

「管理ができないから切ってしまう」というはなしもよく耳にします。

そんな人に、すごく便利な植木があるのでちょっとご紹介します。

春から一気に急成長。切ってもまた直ぐに再生する

どうですか?葉っぱがピンクって、何かオシャレですよね?

洋風の庭にぴったりの植木ではないでしょうか。

ネグンドカエデ・フラミンゴは、もはや「木」ではなく「草」の様です。なぜなら、髪の毛と一緒。切っても直ぐにまた生えてくるからです。

自分の好きな高さになったら、躊躇(ちゅうちょ)しないで、一気にバッサリと切っても大丈夫なんです。

わたしは年に数回選定しています。ポイントは、切る枝の根本が自分の手が届く高さを維持するようにしています。全長はもっと高いという状態です。その高さなら脚立を使わなくても、枝を切ることが出来るからです。

目隠しにもなるし、木陰も演出してくれるフラミンゴには重宝しています。冬は目隠しにはならないけど、冬にカーテンや窓を開ける機会も少ないから十分です。

切りすぎてもまた直ぐに生えてきます。自分好みにトリミングしてはどうでしょうか。

フラミンゴの管理法は「特になし」

庭木の管理法を探せばたくさんの「お手入れ術」が検索できます。肥料とか水やりとか、さまざまな情報を知ることでしょう。

でもわたしは、これといって特別なにもしていません。「のびたら切る」ただそれだけです。

夏の暑い日に水は与えています。でも、追肥はまったくしていません。植えてから10年目ですが、虫食いや病気もなく、毎年ピンクまじりの葉を見せてくれています。

フラミンゴの一番のメリットは「自分の好きな大きさを維持することが出来る」ことです。

木は小さいと日陰にならないし、大きく成長し過ぎると管理が大変です。フラミンゴはそんなジレンマを解消してくれています。

デメリット

直ぐに伸びるということは、枝をきる回数も増えるという結果が待っています。刈り取った枝を置いておくスペースがなかったり「ゴミ出しが面倒だ」という人にとっては、ちょっとマイナスかも知れません。

でも、時間をかけて育った年輪深い枝とはちがい、フラミンゴの枝は水分が豊富で柔らかい。切った後に枯れると、手でも簡単に折れるから、後処理はほかの木より比較的楽ではないでしょうか。

■わたしは自然に返しています。

リンク刈り取った芝は再利用。じょうずに使えばみんな幸せ

ネグンドカエデは大木へと成長する?

「同種のネグンドカエデは年間、約、1.5m~2mまで成長し、やがて大木へと成長する」という情報もありました。個人の狭い庭での栽培は不向きと言っています。

が、我が家のフラミンゴはの成長は相変わらずの背丈です。この先グンと成長するのかは、まだ分かりません。10年たったいま、大きさは変わらないような気がします。

木の下は日陰になりやすい

フラミンゴは成長が早い植物です。6月にはグンと枝が急成長します。そうなると、木の下に植える植物には注意が必要です。

フラミンゴの成長は日光を必要とする植物にとってはお邪魔虫。木の足元に日が当たるように、考えて選定してくださいね。

我が家のフラミンゴの下に植えてある宿根草はフラミンゴの葉をよけて、毎年、斜めに成長します。植物は種類によっては日を浴びようと一生懸命です。植える位置や、特性を知ってから植えてあげましょう。

フラミンゴの木の下に植える植物は?

「選定が面倒だ」とか「出来るだけ成長させたい」という人もいることでしょう。

だったら、半日陰の植物をセレクトしてみてはどうでしょう。「半日陰でも育つ植物」で検索すれば見つかります。

おわりに

庭木を植えるポイントは、その植えた木の未来の成長と、自分の将来を照らし合わせることが大事です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク