新築生垣を植えるあなたへ10年後の未来からの声

この記事は約5分で読めます。

庭のある物件を購入すると、目隠しが欲しいのが人情です。

誰にも邪魔されないプライベート空間で好きなことをやるのって夢ですよね?

そうなると、生垣は必要なアイテムになることでしょう。

けれど、何の考えもなしに植えてしまっては、よろしくない状況になるかも知れません。

 

生垣を植える位置は色々と大きいです

4月になり今年もレッドロビンの刈り込みをしました。

木の先端に大人が手を伸ばしても届かない高さです。

とはいえ、去年大々的に太い枝を切り落としたので、枝の密度は然程ではない状態です。

 

木を植えた位置、木の中心(幹)部分から横幅は約80cmくらい伸びています。

高さ約150cm、幅は広いヶ所で60cmに刈り込みました。

 

木を植える位置は、植えた未来を想定したい

 

わたしは隣の境界線から60cm離れた位置にレッドロビンを植えました。

それでも大きく枝は、はみ出しています。

 

「自分の土地だから遠慮することないし、損だよ」という意見もありました。

 

個人的はに、人に批判されることが嫌いでストレスに思ってしまう人間です。なるべく人道的な対処を心がけているつもりです。

 

境界線から出来る限り木を植える位置は離したいと考えてレッドロビンを植えました。ですが、思った以上に木は成長してしまい、想定外。

 

引っこ抜いたり、コンクリートブロックに変えられないので、何とかこの状態でしばらくはキープといったところです。

 

お隣さんの土地に入ることになるでしょう。

 

オススメ記事

 

レッドロビン植えて10年目にしての決意表明

そんな訳で、10年を機にちゃんと向き合おうと思い立ちました。

 

  1. 月に1回レッドロビンの成長を確認する
  2. 自分が決めた「高さ幅」を超えたとき枝はを切り落とす

 

決意表明と書くと、何だか公文書にサインするイメージですが、そんな大したものではありません。

 

わたしはいままで、生垣を刈り込む時期をハッキリと決めていませんでした。というか「いつ剪定した方がいいのか」が曖昧だでした。適当。

 

生垣に対しての「自分」が決まっていなかったということ。

  • 目隠し防風など機能を優先
  • 美しい形を保つを優先
  • 形はどうあれ管理しやすさが優先

わたしが出したいまの時点のこたえは、「(管理しやすさ)に決まった」ということ。

 

「何かを決める」のは同時に「何かを選ばない」判断です。「多少生垣がスカスカになっても構わない」庭の状態を選びました。

 

目隠しを優先すれば当然木はボウボウ。年1で一気に大きく木を切り落とさなくては、更に木は大きく育ってしまいます。

 

当然、刈り込むのも楽ではない。大量の木の処分にも時間と労力を奪われてしまう。それも含めて楽しみなのでは?の意見もあることでしょう。

 

他に優先したいことが出来て、いままでのライフスタイルも変わりました。それでも生垣はいまのところ必要です。残した部分。

 

そんなわけで、自分に対して自覚を込めてブログに書き残しておくことにしました。

 

生垣の剪定は先手必勝?

何にでもいえることですが、やるべきことを先にのばす程に厄介になるものです。結局はやらなくてはいけませんからね。

 

そんな人だとしたら、きっと他のことも同じ様に後回し癖だったりもすることでしょう。

 

わたし何かはいつも後回しにするタイプの人間です。頭の片隅にその問題がいつもあって、罪悪感だったりします。

 

ほんじゃそのモヤモヤを消すために課題に取り組めばいいのに?って思うんですが、これが中々どうして・・現実から目を背けてしまいがち。

 

諸行無常、この世に止まっているものはなく日々動いている。気づけば生垣はボウボウです。

 

生垣をどこに植えるかにもよりますが、家の顔になる部分や、道路沿いなど、生垣を外から見れれば、「あぁそろそろ切らないとなぁ」ってわかります。

 

でも、家の裏手や道路沿いじゃなかったりすると、外の様子は見れません。普段見えない部分です。気にかけない限り見ようとは思わないでしょう。

 

なので、「生垣は生きて日々成長している!」という自覚が常に必要になってきます。

 

「大丈夫!庭いじりは一生の趣味になると思います!」という気持ちもわかります。わたし自身、新築当時は同じ想いでした。

 

熱い想いが薄れても「やるべきこと」と自覚して、庭の管理を生活の一部に出来る人はいいのですが・・

 

わたしの様に熱しやすく冷めやすいタイプは、後々、足を引っ張ることにも成りかねない。

 

  • 時間を取られて好きなことが出来ない
  • お隣さんや道路に枝葉がはみ出て気になる
  • 木が大きくなりすぎて作業が苦痛

などに悩まされないための自分の性格にあった植え方と管理法を独自に作り出していくように考えた方がいいでしょう。

 

まだ細く頼りない小さな苗木。「早く大きくならないかなぁ」と、せっかく素敵な未来を夢見て植えたわけですからね。

 

おわりに

一度植えてしまった木を植え替えることも出来る場合もあるようです。

 

でも最初っから、どんな未来になるのかのシミュレーションをして置くのもいいと思います。

 

人生何があるのか分からないし、思いもよらないコトをやりだすことだってあるものです。

 

そんなとき、時間を奪われないためのリスクヘッジとして、色々と考えていくといいですよね。

 

オススメ記事
タイトルとURLをコピーしました