【挿し木・さし芽】専用の土が鉢底からポロポロ落ちるときの代用品

この記事は約5分で読めます。

落とさない

挿し木やさし芽につかう専用の土はサラサラしてるので、ポットの底から抜け落ちてしまうでしょう。

そこで、台所の排水メッシュや三角コーナーに使う『水切りネット』が鉢底ネットの代わりに使えます。

穴を塞ぎつつ、水はけのよい状態が望ましいという訳です。

『キッチンゴミの水切りメッシュ』で土を落とさない

こんなに大きな穴が開いているのに、何もしなければ鹿沼土は落ちて当然でした。

水切りネットで穴を塞げば土が漏れるのを完全に防げます。

ネットを一枚にカットする

水切りネットは袋状になっているので、まずは立体を平面一枚になる様にカットします。

ハサミで切ったとき、プラスチックの細いカスが床に落ちます。

ポットの穴より大きくカット

ネットの大きさはポットの穴より大きく切りましょう。

土を入れたときに穴からずれないサイズです。

切ったネットを鉢底に敷いて土を入れる

今回つかった挿し木用の土は鹿沼土。これは粒状で、砂の様にサラサラです。

これでも落ちないことはなさそうですが少し不安です。

ネットは2重にすると尚良し

わたしは挿し木した苗木を移動することがあります。

もし土がポロポロ落ちると困るので、仕切り直してしっかり土をガードすることにします。

やはり、一枚よりも二重にした方が網目が細かくなるので安心です。

実際に専用の土を入れてから軽くシェイクしましたが、ちりが舞う程度。土の欠片は落ちませんでした。

完成

水を入れて土をしっかり固めましょう。

あとはさし芽や挿し木して使います。

表面が乾いたら水をかけて大事に育ててくださいね。

『園芸用鉢底ネット』は使い回しが効く

今回つかった水切りネットの耐久性はまだ分かりませんが、「園芸用鉢底ネット」は頑丈なプラスチック製なだけに、実際何度も使い回せました。

どっちがいいのか分かりませんが、わたしは節約志向なので、今回使った水切りネットが、もし数年経っても使える様でしたら再利用するつもりです。

鉢底に軽石を敷いてもいいのですが、使い勝手もよく、リーズナブル派な人はネットが使えます。


おわりに

今回、挿し木するのに鹿沼土を使いました。

ポットを移動すると、鉢底から土が漏れていることを発見。

時間はまだ朝なのでホームセンターは開いてない。困りました。

何か代用できないか?と思いついたという訳です。

▼挿し木した記録です。

【まとめ】挿し木シルバープリペット生育記録
【まとめ】挿し木ボックスウッド生育記録

コメント

タイトルとURLをコピーしました