挿し木したボックスウッドは翌年秋に成長を見せた

この記事は約2分で読めます。

同じに様に見えても差はある

挿し木したボックスウッド2年目の秋の成長記録です。

現在と1ヶ月16日前の成長を比較

少し大きなポットに移植した苗木

大きなポットで栽培すれば同時に根も増えるので、当然大きくなります。

【ボックウッド挿し木】若い小枝1本より、太い3本枝の方が根がビッシリだった件

■9月28日の様子

挿し木ボックスウッド翌年

順調に育ってます

■11月13日↓

先端部の若葉が大きくなり、色も黄緑から緑になりました。

■9月28日↓

挿し木ボックスウッド若葉

■11月13日↓

先っぽの赤ちゃん若葉も少年へと変わりつつあります。

■9月28日↓

ボックスウッド新芽

■11月13日↓

こちらは上の過去画像とは多分別かと思いますが、同じ様に大人の葉になっています。

最初の小さなポット

全部の苗を移植してもしダメだったら困るので、小さいポットのままで育ててます。

挿し木したこと無い品種を育てるポイントはリスク分散です

■9月28日↓

■11月13日↓

こちらも先端部の葉の色もしっかりとして、新たな脇芽も生えてきています。

9月1日に挿し木した苗との比較

  • 左=今回の苗木
  • 右=9月1日に挿し木した苗木

【挿し木ボックスウッド】9月でも間に合うのか実験開始

新な方の葉の色は薄く黄色味がかっています。もしこの方法で根付けば、早く生け垣として使えそうです。後は無事に越冬出来るのかが問題ですね。(p_-)

10年前に地植えしたボックスウッド

■11月2日

■11月13日

こちらは、挿し木苗とは違って、紅葉が始まりました。(^o^)丿

挿し木した苗木達は、生け垣のシルバープリペットの枝葉が屋根になり、寒さをしのいでいる様なので、地植えの木との色の違いが出ていると思われます。

おわりに

ボックスウッドは秋でも、ちゃんと成長することが分かりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました