スギナは駆除できない?付き合っていくしかないのか

この記事は約3分で読めます。

スギナってしつこいヤツですよね。除草剤をまいて枯れても、また生えてくる。

ほんと、どうにかならないものかと頭をかかえてしまいます。

根っこはいったいどのくらい深くまで生えているのでしょうね。

 

わたしがスギナの完全根絶をあきらめた理由

「スギナと戦うこと」とは「終わらない争いをし続けること」になるでしょう。

 

まずは下の写真を見てください。

 

黄色い矢印はすべてスギナの根っこです。

 

▼これは”根ごとはぎ取った芝生”を地中深く埋めるために掘った穴の様子です。

庭管理ゴミ始末はリサイクル!雑草・剪定枝・芝生の処分地をつくる

 

いったいどこまで掘ればスギなの根は見えなくなるのでしょうね。

 

 

地上部に出た最終的なシャベルの位置を巻き尺で測ってみたら約60cmくらいの深さ。

 

そして、わたしがあきらめたことを↓絵にしてみました。

 

 

赤い矢印の根っこは、下からニョキっと生えている。

つまり、

さらに下にも根は生えている可能性があるってこと。

「60cm以上掘らないと根を取り除けない」ことを意味している。

 

しかも最終的には更にもっと深く掘っています。多分80cmくらい。それでも根はありました。

 

いったいどこまで生えんの?

 

この一番下の生え方を見てわたしは思いました。

「スギナに戦いをいどむことは無謀なことなんだ・・」と。

 

スギナが生えない土地にする方法を空想してみた

仮に、自分の土地のスギナの根っこをすべて取り除けたとしても、それは一時的な状況になるケースだってある。

 

なぜなら、自分の土地と、となりの土地は地続きでつながっているからです。

 

左がおとなりさん。右が自分の土地。

 

この様に除草剤をまいて一時的にスギナが枯れた(根絶できた)としても、地中から根が入りこんで来てしまうんです。60cm以下を通って。

 

「この薬、全然効かない」って言ってもしょーがないことなんですよ。

 

だから商売になるし、買い続けることになる。業者にとっては「スギナ様様」ってところでしょう。

 

「絶対にスギナを生やさない」となると、コンクリートなんどで地中深く壁をつくる必要があるってこと。

 

 

根をすべて取り除き、おとなりからも根が入ってくるのをシャットアウトすれば、一生スギナが生えてこないのか?

 

ところが、これで全てOKではないようです。

 

スギナは空からも入り込む

 

スギナは春になると「つくし」になって先っぽから胞子を飛ばします。

 

つまり地上地下空からの攻撃に備えるのは不可能だと結論づけられるのではないでしょうか。

 

そうなると、自分の土地をバリアでおおうしかないでしょう。

 

無駄な戦いというわけです。

 

おわりに

スギナは”小まめに除去”するか、”生えない仕様”に庭をカスタマイズするしかないでしょう。土の部分をなくしたりなど。

 

でも”土の部分”をなくしては風情は楽しめない。人によっては庭としての意味がなくなってしまいます。

 

スギナは生えるものとして受け入れたほうがストレスはないと思いましたよ。

 

▼除草剤を使わずしてスギナの駆除に成功した人のブログです。

ザク男爵プレゼンツ

 

▼芝用の除草剤をまいたときのことを書いています。

芝用除草剤を少し時期遅れで散布。効き目はあったのか?

よろしかったらシェアして下さい
72ログ
タイトルとURLをコピーしました