タケボウキを芝生の刈り草掃除仕様にカスタマイズ

この記事は約2分で読めます。

芝生の刈り草集め用に使う、タケボウキの竹枝が取れての気づきです。

タケボウキを「はりがね」でしめつけたら効率UP

タケボウキをつかって芝生の刈草を掃除していると、タケボウキの竹枝が数本取れちゃいました。

と同時に、竹をしばっている針金もゆるみ、一本、また一本と抜け落ちていたのです。

わたしの細くなった髪の毛がぬけるのを連想し、哀愁を禁じえません。(-_-)

このままでは、竹枝はすっぽぬけ、買い換えることになりそうです。

わたしはもったいないと思い、手直しすることにしました。

その結果、使いやすさがUP!

偶然ですが、ある原理に気づきました。

タケボウキは「広がり」より「しまり」

タケボウキは落ち葉など、軽いものを一度にたくさん集められる様に出来ています。

そのためには、集める面積がせまいよりは広い方が効率的。なので、タケボウキの先は広がっています。

そして竹のしなる特性を利用して、小さな力で大きな反発を起こすので疲れにくいです。実はこれが芝生ではデメリット。

これは比較的、摩擦抵抗が高い地面を目的に設計されているともいえます。

でも「刈り取った芝草を集める」ことを想像してみてくさださい。

「地面は芝生=摩擦抵抗が低い」芝生と刈草とが共存してる状態です。

砂利の上の落ち葉や、泥の上のゴミ掃きなどは集めにくい。地面という土台が安定してこそ、その上の物体が動かしやすくなるというのに。

しかもタケボウキはしなります。摩擦抵抗が低い芝生では力が逃げるので、刈り草は集めにくくなるのです。

取りにくいので、より力を入れ体力もつかうし、時間もそれなにロスします。

けど今回、タケボウキを針金でギュッと締め上げました。

しばる位置で、竹の広がりと、強度が変わります。お好みで、

すると、タケボウキは一本の棒状と化し、力が一点に入るので、無駄に体力を消耗しないことになりました。

そしてタケボウキは枝が無数にあるので、レーキに比べたらそのぶん、草を集められる率も上がります。

おわりに

別の記事でもお伝えしてますが、レーキに比べたら、本当に体力も使わずに、時間も早く、草掃除をすることが出来ています。

もう芝の管理に疲れた・・仕上がりより楽したいなら『草刈り機』を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました