切れ味を失ったハンディー芝刈り機と10年たっても切れるハサミ

Pixabay

「手押しタイプの芝刈り機をつかう」という人でも「角」は刈りにくいものです。塀や花壇や犬走りなどに面していると、どうしても刈り残しができてしまいます。

でも、角に適した道具を使えばキレイにすることができます。

今回は、去年からずっと放って置いたため、長くなりすぎた角の芝刈りについてお伝えします。

手押しタイプ芝刈り機が使えない場所の芝刈りをする

3つのアイテムを使った理由

角芝刈り-1

■今回使用した道具
  1. 芝刈り機ハンディータイプ
  2. 芝刈り剪定バサミ
  3. 芝刈り角様

ハンディータイプ1つあれば問題なかったはずだったのですが・・

芝刈り機ハンディータイプで楽々カット?

角芝刈り-2

角芝刈り-3

芝の高さを設定。

「1.5cm 」「2 cm」「 2.5cm」

好みの長さに調整機能付きです。わたしは、1.5cmにしています。次の芝刈りの時期をのばすためです。最初のころは長めにしていました。でも、夏の芝刈りはしんどいですからね。

角芝刈り-4

約6年ぶりに使うことにします。

が、「切れない・・」

■刃を砥げば切れ味が復活するかも知れませんよ?

リンク切れ味復活?ハンディ芝刈り機を分解して刃は砥石(とぎ石)でみがく

なぜ、ずーとハンディータイプを使わなかったのかを使って思い出しましたよ。購入から約4年で切れにくくなっていたからです。

「庭の面積や使う頻度によって切れ味に差がでる」のかも知れません。

ホームセンターで替刃を見に行くと「値が高い!」でも、あきらめません。

「どうにか復活させたい」と思い、当時、100均でダイヤモンド砥ぎ棒を買ってみました。でも、それなりという結果を想い出したんです。

納得いくまで刈り込もうとしたら、同じ場所を最低5回は刈り込まなくちゃサッパリできません。キリがないので人力で何とかしてみます。

芝刈り剪定バサミで一気にバッサリ刈れたのか?

角芝刈り-5

こちらも残念な結果に。

はさみ込んだ芝が長すぎてグニャッとしてうまく切れません。紙を切るときも、ピーンッと張っていた方がよく切れますよね?でも、新品のころは驚くほどよく切れたんです。

ハサミの刃は研ぎ石で切れるように手入れをしています。何がよくないかというと、2枚のハサミをしめつけているボルトのしまりが、ゆるくなってしまうことです。

なので、道具をつかってネジをしめ直します。が、そのうちまたネジがゆるくなってしまうのです。きっとその道の人なら、簡単に修理できるのでしょうね。

なので、また別の手段に移してみます。

10年たっても新品のころと切れ味はまったく変わらないハサミ

角芝刈り-6

やっぱコレです。わたしは絶大なる信頼を寄せています。

でも、人力ですから手が疲れます。にぎりすぎると指が痛い。しかし、ザクッとした切れ味。いつ使っても快感。癖になりそうです。

角芝刈り-7

この様に、角ギリギリまで芝刈りができます。

角の芝刈りの最後の仕上げにピッタリのアイテムです。

■芝生が障害物を乗り越えたときに使って欲しいハサミとして紹介しました。

リンク機械式より人力で!芝は手で刈った方がいい場合もある

切った場所とそうでない場所

角芝刈り-8

6月上旬に実施。

去年から、芝生のはしっこ(角)を刈り残していました。それは手押しタイプでは刈りにくいからです。

一度放って置くと次の芝刈りのときには、もっと伸びてしまいます。その繰り返しによって、ボーボーに放置してしまったんです。(反省)

前年度に残った枯れ芝は、春に新芽が出やすいようにしてあげましょうね。

おわりに

今回、身を持ってかみしめたことがあります。

春、キレイな芝を生やすための準備作業として楽で確実な方法は「芝刈り」よりも「芝焼き」だったということです。

「もう子供たちも大きくなったので大丈夫かな?」って思います。焼いた芝生で遊んで転んだら灰で真っ黒になりそうですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加