ボックスウッドの越冬は生息地と日本の緯度を知ることか?

この記事は約3分で読めます。
ボックスウッド生息地は地中海

水を得た魚

何事もそのモノにとって最適な環境があるものです。

ボックスウッドはどんな場所が好みのでしょうか。

ボックスウッドの生息地を知ろう

ボックスウッドの生息地は、「地中海沿岸~西アジア」だそうです。

地中海、といっても広いですよね?Google Earthで比較して見てみましょう。

地中海と日本の緯度比較

パット見、同じ位置にある感じですね。

▼もっと分かりやすいのがあったので、画像を引用させていただいます。

日本と地中海の緯度

出典元日本とヨーロッパの緯度

更に調べると、

  • 日本(東京)35.4
  • モロッコ(カサブランカ)35.3

地中海の高さは、ちょうど日本全土がスッポリ入る感じの場所にある様です。ヨーロッパって意外と寒い地域なんですね。

地中海の上の方は日本では北海道の緯度と同じ。けど地中海気候によって日本とは別の環境になっている様です。

ボックスウッドの生きやすさを考えてみる

ボックスウッドは寒さに強い植物です。それは私自身、植えているので、よく理解しています。

とはいうものの、越冬して春をむかえること出来なかった苗木もありました。やはり、寒いよりは温暖な方がイイのです。

【ボックウッド挿し木】若い小枝1本より、太い3本枝の方が根がビッシリだった件

▼地中海気候についてネットから引用してみます。

地中海から西アジア、中央アジアの一部にかけては、夏は高温で乾燥し、冬は温暖で雨が多い、いわゆる地中海性気候である。そのため、秋に発芽して生育しながら冬を越し、春に開花、初夏に結実する植物が多い。

出典元ながの教育情報プラザ

この情報元によると、

  • 夏は高温で乾燥
  • 冬は温暖で多雨
  1. 秋に発芽
  2. 春に開花
  3. 夏に実る

ってことは本来、ボックスウッドにとって日本の冬の寒さは厳しい環境下。秋に挿し木した苗木にとっては、かなりの試練とも言えそうです。(・_・;)

そういえば、ボックスウッドの種って初夏に実っていましたね。

オシャレで管理が楽な生垣はボックスウッド(西洋ツゲ)を挿し木で増やす

家に入れて置く・ビニールハウス的な設備が理想なのかも知れませんね。

屋根の下に苗木を置き、寒さをしのぐ

そしてわたしは、ボサボサの生け垣(シルバープリペット)の下に、ボックスウッドの苗木を置いています。

苗木の屋根代わり

ご覧の通り、いま現在(12月16日)霜に当てないことで紅葉してません。

ボックスウッド挿し木・冬の様子

ちなみに、今年の秋、新たに挿し木した苗木は紅葉しています。

秋から挿し木ボックスウッド

枯れてるのでは?と思える苗木もありますが、何とか持ちこたえている様です。

挿し木ボックスウッド

もし枯れているとしたら、こんな感じになるからです。

ブロンド色ではあるものの、枯れてしまうと光沢がありません。

おわりに

とりあえず、今回も生け垣の下にて苗木を育てるつもりです。

▼続きの記事

ボックスウッド挿し木するなら9月からは避けましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました