「こんな男はやめておけ!」不幸せにする人は個人主義で不経済?

この記事は約6分で読めます。

えっへん!

 

「今度の好きになった人、超カッコイイのよ」って、恋が走り出した人はいませんか?

本当に、そのまま好きになっても大丈夫なのでしょうか。

 

いま、あなたが好きになりかけた相手の中に未来を予言するヒントがかくされているかも知れません。

 

今回は「イケてる人を追いかける彼」について少し考えてみることにします。

 

やたらと格好を気にする人には注意が必要?

「ちょっとその格好じゃ一緒に歩けないんですけど」って相手をより好みしてしまう気持ちはよくわかります。人にはある程度、見栄がありますからね。

 

イケメンでおしゃれな服装でカッコイイ車に乗っていたら、ちょっと優越感になるでしょう。

 

「うちの彼氏どう?」って、友人に見せびらかしたくなるのは仕方のないことではあります。

 

お互い年齢も若く恋人や新婚のうちはそれでもいいでしょう。本人たちが満足していれば、何も言われる筋合いはありませんからね。

 

でも、よーく考えてみましょうよ。

「ずーっと一緒に過ごす相手」ということを忘れないでくださいね。

 

途中で別れてしまうこともあるでしょう。家族になってこどもが生まれたらすごく悲しいことです。「出来ればずっと添い遂げたい」って、だれだって思います。

 

最悪の事態はぜひとも避けたいこと。

一生一緒に過ごす人になるかも知れない相手です。ここはドライに未来予想図をポカンと考えてみましょうよ。

 

「カッコイイ」がやめられないんです

もし彼氏(旦那)になる人が付き合って(結婚)してからも「カッコイイを」続けていたらどうなるのでしょう。

ちょっとマズイ将来になるかも知れませんよ?

 

カッコつけるにはお金はかかります。

 

あなたが好きになりかけている相手はどんな仕事をしてますか?その職業は未来も続いている保証はあるのでしょうか。

 

「いま、お金があるから」と言って浪費を続けていたら、将来はどうなってしまうのでしょう。

 

どんな仕事も永遠の繁栄はありません。

 

お金持ちはお金の使い方、管理が上手だからお金を貯められるのです。

いくら、たくさんコップに水を入れることが出来ても穴が開いてればたまりません。水漏れをしているからです。

 

普段から、どうすればお金を増やせるのか、どうすればお金を守れるのかを考えているのです。

 

「カッコイイを続ける」ということは、流行りを追いかけるということ。

これだけは、心にシッカリと刻んでおきましょう。

 

カッコイイは承認欲求の表現だ

カッコイイがやめられない人たちはよくサークルを作ります。または、参加したがります。

なぜなら、1人でカッコつけていいても誰にも見れることはないからです。

何のためにカッコつけているのか分かりませんからね。

 

「わたしは人よりも優れている」をするために色々なアイテムをつかい見た目で表現しようとしています。

 

ということは、あなたや家族たちは置き去りです。

将来そのカッコつける集団やグループ活動に時間をついやすことになるでしょう。

 

 

例えば、あなたが好きになった人はいつも車を異常に綺麗にしているタイプだったとします。

 

  • 「あっ!靴をぬいでから乗ってね」
  • 「車内での飲食はNGだよ」
  • 「だって車が汚れるじゃん」

 

何を言っているのでしょうこの男は、こどもが出来ればなりふり構ってはいられません。

 

「こどもが『海に連れて行って欲しい』って言ってるよ?」と、あなたは未来の旦那様にいいました。

 

「車がサビるからヤダ」

「ガソリン代が無い」車のパーツ代のために節約していては、こどもは可哀想、ガッカリです。

 

そんな自己中な彼氏と一緒にいたいと思いますか?「カッコイイ」の呪縛が解けない彼氏を愛しつづける自信はあるのでしょうか。

 

カッコイイことが仕事になっているのなら別の話ではありますが、

極論、車は移動する手段のはず。そして楽しむもの。走らせなくては本末転倒です。

 

負けず嫌いとサプライズが快感だ

「みんなと同じ様なものを共有して、人よりも『ちょっとだけいいもの』を所有したい」って人は考えてしまうものです。

 

「この財布、限定品なんだよね」財布やアクセサリーなどもカッコイイを表現するアイテムです。

 

同じ仲間たちに「スゲー!!」っていわれることも考えています。

もちろん、量産型とはちがいます。それなりの価格で買うことになるでしょう。

 

男だけじゃ物足りない

カッコつけるのは本来、

「異性に対してのアピール」です。

 

奥さんがかまってくれないのなら、外の女性に目がいくことだって考えられます。

新調した服装にアクセサリーそして改造した車。褒めてほしいものです。

 

素人に相手にされなくってもお金を払えば女性と関われる場所はたくさんあります。

 

「どう?このピア。スイケてない?」キャバクラやスナックなどにお金をつぎ込むことだって考えられます。

 

「お金はかかる」「家にいない人」になる確率は高くなるのは否めません。

 

それでも全員が全員カッコイイを続けるわけではない

もうこればっかりは分かりません。

結婚とは博打(ばくち)とよく言われているのも事実です。

 

でも人は変わることが出来るから不思議です。本当に人生はどうなるのかはやってみないと分からないものです。

 

逆に育てる楽しみと考えて付き合っているのもいいかも知れません。なぜなら、女性は子供を生むと強くなるからです。

 

これは事実です。人それぞれ表現法はちげど、確実に変わっていくでしょう。

 

そんな彼氏も、親に成り立てのころは変われなくても、年とともに変わる人だってたくさんいます。こっちの方が多いとわたしは思いますよ。

 

おわりに

「本当は、人は中身だ」ということをあなたは感じているはずです。

 

第一印象に囚われてしまうのは人の性ではあります。でも、ここは冷静になって未来像をこころに描いてみましょうよ。

 

もしお互い、見た目にこだわりがあるのなら、何か劣等感を抱いているはずです。

 

その満たされない気持ちをカッコつけることで忘れようとしている。それをお金で解決しようとする彼の姿を見たとき、あなたにはどう映るのでしょう。

 

「人は根本的には変わらない」ちょっと寂しいことを言いますが、わたしはそう思っています。

 

経験を積み、反応を選べるようになっただけです。本当の自分にフタをして、順応しようと必死に偽っていることだってあるのです。

 

ちょっと真面目なはなしになりました。

もし、直感で好きになったのでしたら、それが正解なのかも知れませんね。

 

▼友達に知られない様にしてくださいね。
リンク恋人をつくりたいならコレ!おとり効果が恋のキューピット?

 

タイトルとURLをコピーしました