将来ネットでお小遣いを稼ぐために今からでも間に合うことを後悔から考えた件

人にとって(興味が無いこと・飽きたもの・どこにでもあるもの)とは、価値のないものだと考えてしまう傾向にあります。

ところが今リアルで体験しているコトが実は後々「金のなる木」に変わるとしたらどうででしょう。

もったいないし、その経験を無駄にしないためにも、将来につながるであろう投資として、いまからやって見るのも1つの道です。

なぜなら、情報や体験とは「お金」に変わるからです。

わたしの人生をふり返り、後悔からの気づきを書いてみます。

40代ブロガーがつくづく思ったこと

1)「楽しくないもの」の中から楽しみを見出そうとしなかった

「楽しくないもの」の代表とは「仕事や勉強」ではないでしょうか。

わたしは以前トラックドライバーをしていた時期があります。運転は好きだけど「朝早く帰りが遅い」拘束時間が長いのが難点です。

でも、いいところはあるものです。他の職種とちがって「自分独りの時間がある」ことです。(そこが魅力の業界)

この頃は「とにかく早く業務を終わらせて家に帰ること」を目標に仕事をするスタイルでしたよ。(終わり次第帰れるから)

空き時や待機・休息時間の定番は「携帯で会話・メール」「ラジオを聴く」「雑誌を読む」「寝る」などトラックの中で過ごすのが定番でしたね。(まだスマホが無い時代)

そんな状況の中、おっさんドライバー達は違います。

「ぶらり途中下車」近所を散策。まるで「旅を味わう」かのように、行く先々の環境を楽しむ行動をしていたのです。

もしあのころわたしがオッチャン達の様な行動(余裕・視点)をしていたらそれは知的財産になったはず。

携帯で写真を撮影したり、お土産を買ったり、名物を味わったり、その地域文化を独自の視点でレポートすることでしょう。

いまそれをやろとしたら「時間とお金」が必要ですからね。

現代に置いてSNS行為は当たり前の行動です。が、20世紀末では”個を発信する”のは一般化されてない時代でした。

2)物事を深く掘り下げようとしなかった

わたしは基本的にお勉強がキライです。なので本を読んだり誰かに教えてもらう行動に消極的。そんな考え方は「好きな趣味」も同じことでした。

わたしはバンド経験者です。道具にもお金をかけてません。もし楽器に徹底的にこだわっていたら器材についての知識を、いまたくさん持っていたはずでしょう。

「取りあえず曲になってるし。プロになる分けじゃないからイイじゃん」的な乗りで仲間たちとバンドする青少年でした。

わたしはドラムとギターをかじっています。謙遜ではありません。上手い下手の話しではなく断言出来ないのは、いまだによく分かってないからです。

基礎をシッカリと学んでないません。「これで合っているのか。本当はどうなのか」自分に自信が持てないのです。

教えることも同じことです。もしきっちりと基礎から学んでいたのなら、いまブログで教えることも出来たことでしょう。

楽譜を100%理解してません。が、その分「耳コピ」や「アレンジ」というハングリーな能力を身に着けられましたけどね。

しかしながら、そんな小手先のテクニックよりも、やはり何事も「基本は成功の絶対要素」だといまは理解しています。

「なぜ本気にならないのか」を知ることが肝心

メンタル面をアンテナ思考に変えるには、「何がそれを邪魔をしているのか」を知ってこそ解決できるもの。

「なぜわたしは何事にも本気になれなかったのだろう」と、この記事を書くに当り、昔の自分に戻って深く考えてることにします。

■バンド活動の場合、

きっとみんな腰掛けでバンドをやっているにちがいない

(他にも趣味があったから)

それを自分独りマジになって器材にお金をかけも仕方がない

ガッカリするだけ。ウザイと思われる

(損得勘定と疑心暗鬼)

結果=最低限の装備でいい

■車の場合

元々車に興味はなかった

でも当時、社会全体は「車」がトレンドだった

(周りについていこうと必死なだけだった)

遅くてもいい。違反しない程度でいい

結果=中途半端な改造車でいい

■家庭菜園の場合

隣の人から進められたのがキッカケ

時間もかかるし体力的にもキツイ

(自分をよく見せたくてやめられない)

上手く育った野菜だけをまた栽培するスタイルへ

結果=うまく育たなくてもいい

つまり後悔の真の原因とは、人の目を気にした生き方と、常に他人の責任にする生き方。自分の人生を生きられなかった自分に後悔していたのです。

リスクや失敗を恐れてしまう、

「これはわたしがわたしの考えで始めたことではないんですよ」という言い訳で失敗から自分を守る癖が学ぶ姿勢を引っ込めていたのです。

先読み思考もありました。

  • これは来年には流行らなくなるだろう
  • 卒業するまでのこと
  • 若いうちだけだろう
  • 引っ越したら邪魔になるだけだ

など、どこか冷めていたと思うのです。

なので、もし本当に自分がやりたいことがあるのなら、他人よりも自分のやりたいとを優先し、とことん掘り下げてやり尽くすことだと思うのです。

それが後に財産へと変わるでしょう。損を避けた行動が、実は損をマネていていた様でしたね。

まとめ

「将来ネットでお小遣いを稼ぐためにいまヤルべきこと」に必要な要素は、

  1. スキマ時間をお金に変える機会に変えること
  2. 自分が心から好きなことを題材にすること

ポイントは、

  1. 周りに流されないこと
  2. 活動の妨げになる習慣を断つこと

休憩時間やスキマ時間などはストレス解消のタイミングです。もしかしたら、スマホを使ったゲームやネット検索や友人とSNSなどで不本意な現実を紛らわしている人もいるでしょう。

しかしながら、つまらない現実を紛らわし、忘れるためにする行為を優先するのは後回しにすることです。

とにかく時間は戻りません。もしスマホで遊ぶのが好きならば、コンテンツのつくり手側になれるまで、トコトン極めればいいだけのことです。

▼まずは経費削減からです。
リンクお金の上手な使い方の基本の「き」は、いつものアレを変えることでした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク